テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』ドライバーの特徴やスペックを詳しく紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2月7日にテーラメイドから発売される『SIM』&『SIM MAX』ドライバー
ダスティン・ジョンソンなどはすでに使用し始め、タイガーやマキロイ、松山英樹などもテストしたということで注目を集めています!
今回の記事では、『SIMドライバー』『SIM MAXドライバー』特徴やスペックの違いなどを詳しくご紹介します!

 

スポンサーリンク

『SIM』と『SIM MAX』ドライバー

今回発売されるテーラーメイドの新作「SIMシリーズ」ドライバー

海外では『SIM』『SIM MAX』『SIM MAX D-TYPE』の3種類が展開されるようですが、日本では『SIM』『SIM MAX』2種類のみが展開されます。

Mシリーズのテクノロジーはそのまま受け継がれ、新たにSIMシリーズのテクノロジーが搭載され、より飛距離性能と寛容性の高いドライバーとなっています!

大ヒットした「Mシリーズ」の後継モデルということで、キャロウェイの新作MAVRIK(マーベリック)と並び、注目が集まっています!

キャロウェイの2020年新作MAVRIK(マーベリック)ドライバーやFWを紹介

 

では、早速『SIM』と『SIM MAX』に共通しているテクノロジーを紹介します。

 

Mシリーズから受け継がれている特徴

スポンサーリンク

 

曲がりを抑えるツイストフェーステクノロジー

 

M3・M4シリーズから搭載されている「ツイストフェーステクノロジー」は引き続き搭載されています。

ねじれたフェース面がミスヒット時の弾道のバラつきを低減し、飛距離と直進性をアップしています!

 

高反発を生むスピードインジェクション

フェース面に開けた2つのポートからヘッド内部にレジン素材を注入し、反発係数をルールの限界値に調整するテクノロジーです。

ツアープロだけでなく一般ゴルファーが手にする一本一本のフェースを測定し、ルール上最大限に反発性能を高めています。

これまでは製品の個体差が出るのは仕方のないことでしたが、これにより製造過程で生まれる性能のバラつきを無くしています。

 

互換性のある可変スリーブで弾道調整

Mシリーズと同様に、テーラーメイド独自の可変スリーブが搭載されています。

ロフト角は±2°、フェースアングルは±4°、ライ角は60°~56°まで調整可能になっています。

 

SIMシリーズ最大の特徴は?

 

「SIM」とは「Shape In Motion」の略称で、日本語に訳すと「動きの中の形状」となります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The SHAPE of things to come 👀. #SIMdriver #TeamTaylorMade

TaylorMade Golf Europe(@taylormade_tour)がシェアした投稿 –

 

こちらの動画からもわかるように、SIMシリーズではスイング中の空気抵抗を低減する形状に着目していることがうかがえます。

 

空気抵抗を低減するアシンメトリーソールシェイプ

 

SIMシリーズから搭載されたテクノロジーで、最大の特徴でもあるのが空気抵抗を低減するアシンメトリーソールシェイプです。

ソール形状はM6ドライバーと似ていますが、「イナーシャジェネレーター」の形状をトゥ側に約20°傾けています。

これにより、ハーフウェイダウン~インパクトにかけての空気抵抗を低減し、ヘッドスピードアップを実現しています。

 

寛容性を高めるイナーシャジェネレーター

「イナーシャジェネレーター」の後方にウェイトを置くことで、低・深重心、高慣性モーメント化を実現しています。

これによりボールの直進性・ミスヒットの許容性を高め、よりオートマチックでやさしいドライバーとなっています。

 

『SIMドライバー』の特徴

『SIMドライバー』は、SIMシリーズの中で最もフェース面が小さく、シャローフェースで低弾道のアスリート向けモデルです。

Mシリーズのアスリート向けモデル、M1・M3・M5の後継モデルとなっています。

 

スライディング・ウェイト・テクノロジー

SIMドライバーには、ソールのフェース寄りに10グラムのスライディングウェイトが配置されています。

これにより、最大40ヤード幅のドローとフェードの弾道調整が可能になっています。

 

スペック

 

SIMドライバーのスペック
ロフト10.5°
ライ角56°
ヘッド体積460cc
シャフトTENSEI SILVER TM50Tour AD
XC-6
Speeder 661 EVOLUTION VIDiamana ZF60
長さ45.7545.25
フレックスSSRRSSS
総重量約307g約305g約303g約312g約314g約312g
シャフト重量約56g約54g約52g64g65.5g64g
トルク4.04.44.83.23.93.8
バランスD3D3.5D3
調子中元中元
グリップTM Tour Velvet 360 Gray/Blue (47.5g)

 

SIMドライバーの試打・計測データ

 

SIMとMAVRIK(マーベリック)ドライバーを試打!計測データを比較してみました!

テーラーメイドのドライバー『SIM』と『MAX』を試打・比較してみました

 

購入はこちら

 

『SIM MAXドライバー』の特徴

『SIM MAXドライバー』は、SIMドライバーよりもフェース面が8%大きく、セミディープフェースで中弾道のアベレージゴルファー向けモデルです。

Mシリーズのアベレージゴルファー向けモデル、M2・M4・M6の後継モデルとなっています。

ダスティン・ジョンソンはこちらのモデルを使用しています。

 

高弾道と高い寛容性を生むバックウェイト

SIM MAXドライバーにはスライディングウェイトが搭載されていないため、ドローとフェードの弾道調整が行えません。

しかし、その分イナーシャジェネレーターのウェイトを8グラム重くし、SIMドライバーよりも低・深重心、寛容性の高いオートマチックなアベレージゴルファー向けのドライバーとなっています。

 

スペック

 

SIM MAXドライバーのスペック
ロフト10.5°12°
ライ角56°
ヘッド体積460cc
シャフトTENSEI BLUE TM50Tour AD
XC-6
Speeder 661 EVOLUTION VIDiamana ZF60
長さ45.7545.25
フレックスSSRRSSS
総重量約298g約296g約294g約310g約312g約310g
シャフト重量約54g約52g約50g64g65.5g64g
トルク4.44.85.03.23.93.8
バランスD2.5D2.5D2
調子中元中元
グリップTM Tour Velvet 360
Gray/Blue (42g)
TM Tour Velvet 360
Gray/Blue (47.5g)

 

購入はこちら

 

 

テーラメイド契約プロのクラブセッティング

 

【ローリー・マキロイのクラブセッティング】2020シーズン最新!テーラーメイド

【タイガー・ウッズのクラブセッティング】ZOZOチャンピオンシップ優勝

ダスティン・ジョンソンの最新クラブセッティング・2019!ドライバーは?

【ジョン・ラームのクラブセッティング】2020シーズン最新!テーラーメイド

 

まとめ

 

テーラーメイド契約プロのダスティン・ジョンソンなどが使用し、話題になっている『SIM』『SIM MAX』ドライバー。

今回は2つのモデルの特徴やスペックの違いについて紹介させていただきました!

今後さらに詳しい情報や、試打の検証結果などアップしていきたいと思っています!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください