SIMとMAVRIK(マーベリック)ドライバーを試打!計測データを比較してみました!

2020年2月7日発売の新作、テーラメイドのSIM(シム)ドライバーキャロウェイのMAVRIK(マーベリック)ドライバー
この2つのドライバーを試打してきましたので、計測データを紹介します!
飛距離やボール初速、スピン量など詳しく紹介していますので、購入を検討されている方は是非参考にして下さい!

 

スポンサーリンク

SIMドライバーとマーベリックドライバーの特徴

 

テーラメイドのSIMドライバーとキャロウェイのマーベリックドライバーは2020年2月7日発売の新モデルです!

共に空気抵抗を軽減したヘッド形状で、ヘッドスピードアップを狙っています!

SIMドライバーは前作のMシリーズの後継モデルで、マーベリックドライバーはローグシリーズの後継モデルとなっています。

 

SIMドライバーの特徴

Mシリーズの後継モデルということで、ねじれたフェース面がミスヒット時の弾道のバラつきを低減する「ツイストフェーステクノロジー」や、ヘッド内部にレジン素材を注入し、クラブ一本一本の反発係数をルールの限界値に調整する「スピードインジェクションテクノロジー」は、Mシリーズからそのまま受け継がれています!

新たな特徴といえば、前述した空気抵抗を軽減するヘッド形状です。

ソール形状は前作のM6と似ていますが、「イナーシャジェネレーター」の形状をトゥ側に約20°傾けることで、最もクラブが加速するハーフウェイダウン~インパクトにかけての空気抵抗を軽減しています!

また、ソールのフェース寄りに10グラムの「スライディングウェイト」が配置されていて、ドローとフェードの弾道調整が可能になっています。

さらに詳しい特徴とモデル別の特徴はこちら。

テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』ドライバーの特徴やスペックを詳しく紹介

 

マーベリックドライバーの特徴

キャロウェイは偶数年にローグシリーズ、奇数年にエピックシリーズを発売してきました。

2020年発売のマーベリックドライバーはローグシリーズの後継モデルとされていますが、両シリーズで搭載されていた二本の柱「ジェイルブレイクテクノロジー」や、AIが生み出した「フラッシュフェース」など、両シリーズのテクノロジーを受け継いでいます!

マーベリックドライバーの新たな特徴は、SIMドライバーと同様に空気抵抗を軽減するヘッド形状です。

これまで採用されていた低・深重心のシャローバックが、空気抵抗を軽減するためのハイバックに変わっています!

また、前作のエピックフラッシュでは、「ガキン」という硬めの打感と高い打球音に好みが分かれるところでしたが、マーベリックではAIが打感と打球音を解析し、柔らかく心地の良い打感と打球音になっています!

さらに詳しい特徴とモデル別の特徴はこちら。

キャロウェイのマーベリック・サブゼロ・MAXドライバーの特徴やスペックを紹介

 

 

SIMドライバーとマーベリックドライバーの試打・計測データ

スポンサーリンク

 

テーラーメイドの「SIMドライバー」と、キャロウェイの「マーベリックドライバー」をそれぞれ5球ずつ試打しましたので、計測データをご紹介します!

シャフトは両クラブとも「ディアマナZF 60S」を装着しました!

シャフトのスペックはこちら。

シャフトフレックストルク調子
Diamana ZF60S3.8中元

 

ディアマナZF 60S装着後のそれぞれのスペックがこちら。

クラブロフト長さ総重量シャフト重量バランス
SIM45.25約312g64gD3
MAVRIK45.5約316g64.5gD2

 

ともにロフト9°のニュートラルポジションで試打しています!

 

SIMドライバーの計測データ

まずはテーラーメイドのSIMドライバー。

構えてみると、クラウンのトゥ側が膨らんだヘッド形状で、重心距離が長くヘッドが返りにくそうな印象を持ちました。

打ってみると、打感はMシリーズと変わっていない印象です!Mシリーズを使用している方は違和感なく乗り換えられそうです!

空気抵抗を軽減する形状については、打った感じでは正直わかりませんでした!

では、全5球の計測データはこちらです!

No.HS(m/s)BS(m/s)ミート率打上角(°)左右打出角(°)サイドスピンバックスピンキャリー(yds)総距離(yds)軸からのずれ(yds)
149.271.01.4412.32.6R334R237627429834R
248.769.51.4314.23.8R245L22962722952L
350.170.71.4112.73.1R136R206027930624R
448.869.71.43163.5R162L21582783012R
548.971.01.4511.43.2R322L18412793096L
平均49.170.41.4313.33.2R52L214627630210R

※表は横にスクロールできます

 

1球目と3球目は見た目の印象通り、つかまりきらずに右に抜けてしまったという感じですね。

その他については、うまく右からドローボールで戻すことができました!

普段、タイトリストの915D2を使用している私にとっては、打感は手応えがない印象ですが、ボール初速、飛距離はいつも以上に出ています!打ち出し角やスピン量も適正といった感じです。

しかし、つかまえやすさという面では少し難しい印象で、上級者やプロ向けのクラブという印象です!

ヘッドスピードは普段と変わっていませんね。

 

マーベリックドライバーの計測データ

続いてキャロウェイのマーベリックドライバー。

構えてみると、SIMドライバーよりも投影面積が小さく、構え易い印象です!

打ってみると、打感と打球音は全く違和感がありませんでした!エピックフラッシュを試打したときは、打感と打球音に違和感を感じましたが、マーベリックドライバーでは改善されています!

見た目も打感もこちらの方が好印象です!

空気抵抗を軽減する形状については、こちらもわかりませんでした!

では、全5球の計測データはこちらです!

No.HS(m/s)BS(m/s)ミート率打上角(°)左右打出角(°)サイドスピンバックスピンキャリー(yds)総距離(yds)軸からのずれ(yds)
148.570.71.4610.42.8R662L187326729828L
248.770.41.4511.41.1R105L17492803091L
348.870.11.4410.50.4L11L18992743032L
448.270.71.4711.93.5R457L198228130412L
548.770.21.4410.51.5L164L179127430314L
平均48.670.41.4510.91.1R280L185927530311L

※表は横にスクロールできます

 

5球ともフック回転になっていますね!やはりこちらの方がつかまりが良いようです!

もう少しトルクの少ないシャフトを使えば安定するかと思います!

普段のボール初速は68~70m/sほどですが、フラッシュフェースで高初速エリアが広がっているためか安定して70m/sを超えています!

少し気になるのが、打ち出し角とスピン量です!平均打ち出し角は10.9°と少し低め、平均スピン量は1859と少し少なめです!

つかまえやすさの面では易しいクラブですが、ボールの上がりやすさとスピン量の面では上級者上級者やプロ向けのクラブという印象です!

ボールが上がりにくいという方は10.5°や12°のロフトのヘッドをおすすめします!

 

計測データの比較と感想

 

計測データの平均値を比較してみます!

クラブHS(m/s)BS(m/s)ミート率打上角(°)左右打出角(°)サイドスピンバックスピンキャリー(yds)総距離(yds)軸からのずれ(yds)
SIM49.170.41.4313.33.2R52L214627630210R
MAVRIK48.670.41.4510.91.1R280L185927530311L

※表は横にスクロールできます

 

ヘッドスピード・ボール初速・ミート率・キャリー・飛距離は、ほぼ同じという結果ですね!

しかし、打ち出し角とサイドスピンにはっきりと差が出ています!

SIMドライバーはボールが上がりやすく、つかまりにくい。マーベリックドライバーはつかまりやすく、上がりにくいという結果になっています!

打ち出し角はロフトを増やせば対応できるので、個人的にはマーベリックドライバーの方がおすすめですね!

しかし、左へのミスを気にせず振り抜きたいという方には、見た目からも安心感のあるSIMドライバーをおすすめします!

 

 

 

まとめ

 

今回は、2020年2月7日発売のテーラメイド「SIM(シム)ドライバー」とキャロウェイ「MAVRIK(マーベリック)ドライバー」を試打してみました!

見た目の印象や計測データから

まとめ

  • SIMドライバーは、ボールは上がりやすいが、重心距離が長くつかまりにくい。フッカーにおすすめ。
  • マーベリックドライバーは、つかまりが良く、ミスヒットに強い。打感も改善されていておすすめ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください