テーラーメイドのドライバー『SIM』と『MAX』を試打・比較してみました

2020年2月7日に発売されたテーラーメイドの新作、『SIM(シム)』『SIM MAX』ドライバー。
この2つのドライバーを試打してきましたので、計測データを紹介します!
飛距離やボール初速、スピン量など詳しく紹介していますので、購入を検討されている方は是非参考にして下さい!

 

スポンサーリンク

『SIM』と『SIM MAX』ドライバーの特徴は?

2020年2月7日に発売されたテーラーメイド新モデル「SIMシリーズ」!

ドライバーは『SIM』『SIM MAX』の2種類が展開されています。

Mシリーズに搭載されていた、曲がりを抑える「ツイストフェーステクノロジー」、高反発性能を生む「スピードインジェクション」などは引き続き搭載されています!

また、Mシリーズと同様の可変スリーブとなっていますので、Mシリーズと互換性があります!

 

SIMシリーズから新たに搭載されたテクノロジーは?

 

SIMシリーズから新たに搭載されたテクノロジーで、最大の特徴でもあるのが空気抵抗を軽減するソール形状です!

「アシンメトリーソールシェイプ」というテクノロジーは、ソールにある「イナーシャジェネレーター」の形状をトゥ側に約20°傾けることで、ハーフウェイダウン~インパクトにかけての空気抵抗を軽減し、ヘッドスピードアップを実現しています。

また、その「イナーシャジェネレーター」の後方にウェイトを置くことで、低・深重心、高慣性モーメント化を図り、ボールの直進性・ミスヒットの許容性を高めています。

 

SIMドライバーの特徴

『SIMドライバー』は、Mシリーズのアスリート向けモデル『M1・M3・M5』の後継モデルで、Mシリーズの中で最もフェース面が小さいシャローフェースの低弾道モデルです。

最大の特徴はソール前方に配置された10グラムの「スライディングウェイト」

このウェイトを左右にスライドさせることで、ドローとフェードの弾道調整が可能になっています!

 

SIM MAXドライバーの特徴

 

『SIM MAXドライバー』は、Mシリーズのアベレージゴルファー向けモデル『M2・M4・M6』の後継モデルで、SIMドライバーよりもフェース面が8%大きいセミディープフェースの中弾道モデルです。

スライディングウェイトが搭載されていない代わりに、その分の重量をインナージェネレーターのウェイトに追加することで、SIMドライバーよりも寛容性が高く、低・深重心でボールが上がりやすいドライバーになっています!

 

 

『SIM』と『SIM MAX』ドライバーの試打・計測データ

スポンサーリンク

 

では、『SIMドライバー』『SIM MAXドライバー』試打結果・計測データをご紹介します!

シャフトは両クラブとも「ディアマナZF 70S」を装着しました!

シャフトのスペックはこちら。

シャフトフレックストルク調子
Diamana ZF70S3.1中元

 

ディアマナZF 70S装着後のそれぞれのスペックがこちら。

クラブロフト長さ総重量シャフト重量
SIM45.25約321g73g
SIM MAX45.25約319g73g

 

ともにロフト9°のニュートラルポジションで試打しています!

 

SIMドライバーの計測データ

まずはSIMドライバーを試打しました!

構えてみると、見た目はMシリーズとよく似ていますね。重心距離が長くヘッドが返りにくい印象で、フッカー向けだと思います。

打ってみると、Mシリーズのような柔らかい打感でした!

試打は5球計測したのですが、1球分の記録が残っていなかったので計測データは4球分となっています!

では、全4球の計測データがこちらです!

No.HS(m/s)BS(m/s)ミート率打上角(°)左右打出角(°)サイドスピンバックスピンキャリー(yds)総距離(yds)軸からのずれ(yds)
149.270.41.4314.53.7R157R224427730132R
249.671.01.4313.02.4R76L21932803057R
348.670.31.4512.12.5R328L204227129811L
448.168.61.4312.52.4R148R213826829015R
平均48.970.11.4413.02.8R25L215427429911R

※表は横にスクロールできます

 

1球目は完全にプッシュアウトしてしまいました!

それ以外はまずまずうまく打てたかなと思います!

見た目通りヘッドが返りにくいヘッドで、スライサーにはあまりおすすめできませんね。

空気抵抗を軽減する「アシンメトリーソールシェイプ」の効果が気になるところですが、計測データをみてみると、普段と変わらないのかなと思います。

打上角やバックスピンも普段と変わっていませんが、サイドスピンは普段より抑えられて直進性が高いのかなと思います!

 

SIM MAXドライバーの計測データ

続いてはSIM MAXドライバーを試打しました!

構えてみると、見た目からはSIMドライバーとの違いは感じませんでした。

打ってみると、打感はSIMドライバーと変わりませんでしたが、少しつかまりが良い印象でした!

では、全5球の計測データはこちらです!

No.HS(m/s)BS(m/s)ミート率打上角(°)左右打出角(°)サイドスピンバックスピンキャリー(yds)総距離(yds)軸からのずれ(yds)
148.470.41.4411.94.9R703L165526229521L
247.669.01.4311.71.4R222L18612712987L
347.769.11.4112.94.6R482L20922752967L
448.468.11.4311.03.4R92R241826427618R
547.669.31.4515.23.2R46R174928331317R
平均47.969.21.4412.53.5R254L19552712960

※表は横にスクロールできます

 

1球目はつかまりすぎて左にいってしまいました。やはりこちらの方がつかまりが良いようです。

計測データをみてみると、初速や飛距離は変わりありませんが、フック回転が多くなっています!

SIM MAXは低・深重心モデルなので、打上角が高く、バックスピンが多くなるはずですが、フック回転がかかっているのでこちらの方が若干低くなっています。

 

 

計測データの比較と感想。おすすめは?

 

計測データの平均値を比較してみます!

クラブHS(m/s)BS(m/s)ミート率打上角(°)左右打出角(°)サイドスピンバックスピンキャリー(yds)総距離(yds)軸からのずれ(yds)
SIM48.970.11.4413.02.8R25L215427429911R
SIM MAX47.969.21.4412.53.5R254L19552712960

※表は横にスクロールできます

 

ヘッドスピードとボール初速はSIMの方が速くなっていますが、ミート率・キャリー・飛距離はほぼ同じという結果です!

はっきりと差が出たのがサイドスピンで、SIM MAXの方がフック回転が強くなっています!

そのため、バックスピンも少なくなっていますね!

右へのミスが多い方には『SIM MAX』左へのミスが多い方には『SIM』をおすすめします!

 

 

まとめ

 

今回は、2020年2月7日発売のテーラメイド「SIMドライバー」「SIM MAXドライバー」を試打してみました!

見た目の印象や計測データから

まとめ

  • SIMドライバーは、サイドスピンが抑えられて直進性が高い。フッカーにおすすめ。
  • SIM MAXドライバーは、つかまりが良く、バックスピンも抑えられる。スライサーにおすすめ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください