【ツアーAD】最新HDや人気DIなど歴代13種類のシャフトスペックを比較

グラファイトデザインツアーADシャフト比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

今回の記事ではグラファイトデザインの人気シャフト、ツアーADシリーズ歴代13種類のスペックや特徴を詳しくご紹介していきます。

ツアーADはメーカーのスペック値ではほぼ全てのシャフトが中調子と表記されていますが、実際打ってみると先調子や元調子などシャフトごとに個性がはっきりしています。

では、ツアーADシャフト歴代13種類のスペックを比較していきましょう!

 

【グラファイトデザイン ツアーAD】13モデルを比較

スポンサーリンク

 

ツアーADシリーズ13モデル一覧

 

【発売日順】ツアーADシリーズ13モデル一覧
モデル発売日キックポイント
PT2006年12月
DI2009年10月中元
DJ2010年10月先中
BB2011年11月
GT2012年11月
MT2013年12月ダブルキック
MJ2014年11月
GP2015年10月中元
TP2016年10月
IZ2017年9月中元
VR2018年9月先中
XC2019年9月
HD2020年9月

 

 

 

 

まず紹介するのがクセのない中調子系シャフト。全体的にしなるので扱いやすいのが特徴です。

また、自分にどんなシャフトが合うのかわからない初心者の方におすすめ

まずは中調子シャフトを使ってみて、『もっとヘッドが走ったほうが良い』『手元がしなった方がタイミングが取りやすい』など、自分の好みに合ったシャフトを探していくのがおすすめです!

 

ツアーAD PT

 

ツアーAD PTの特徴

  • オーソドックスでクセがない
  • 全体的にしなって扱いやすい
  • 初心者におすすめ
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
PT-5
R252g5.8
R153g
S54g
PT-6SR62g3.6
S63g3.5
X64g
PT-7S72g3.4
X73g3.3
PT-8
S81g3.2
X83g3.1

 

ツアーAD GT

 

ツアーAD GTの特徴

  • オーソドックスでクセが少ない
  • ボールが上がりやすい
  • 先端剛性が高く弾道が安定
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
GT-5
R255g4.3
R1
S57g
GT-6SR64g3.1
S66g
X67g
GT-7S74g2.9
X76g
GT-8
S86g2.6
X88g

 

ツアーAD TP

 

ツアーAD TPの特徴

  • オーソドックスでクセが少ない
  • 全体的にしなって扱いやすい
  • 先端剛性がやや高めで弾きが良い
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
TP-4
R246g5.7
R147g
S48g5.6
TP-5R254g4.4
R156g
S57g
X60g
TP-6SR64g3.2
S65g
X67g
TP-7
S73g3.0
X75g
TP-8
S85g2.6
X87g

 

ツアーAD HD

 

ツアーAD HDの特徴

  • ツアーADシリーズの最新モデル
  • 全体的にやや硬めで左へのミスが軽減
  • 先端剛性が高く弾道が安定
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
HD-4
R249g5.8
R1
S50g5.7
HD-5R256g4.5
R157g4.4
S59g
X61g
HD-6SR65g3.1
S66g
X68g
HD-7
S74g2.9
X76g
HD-8
S86g2.6
X88g

 

 

【ツアーAD】捉まりが良い先調子系シャフト

 

続いて紹介するのが捉まりの良い先調子系シャフト。インパクト付近でヘッドが走るので、ボールが捉まりやすいボールが上がりやすいなどの特徴があります。

その反面、ヘッドスピードが速い方にはヘッドが暴れすぎるといった特徴があります。

 

ツアーAD MJ

 

ツアーAD MJの特徴

  • ヘッドが走ってボールが捉まる
  • ボールが上がりやすい
  • HSに自信がない方におすすめ
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
MJ-5R253g4.7
R1
S55g
MJ-6SR61g3.4
S62g
X64g
MJ-7
S71g3.2
X72g
MJ-8
S83g2.8
X84g

 

ツアーAD VR

 

ツアーAD VRの特徴

  • ヘッドが走ってボールが捉まる
  • ボールが上がりやすい
  • 先端剛性がやや高くヘッドが暴れにくい
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
VR-4R246g5.7先中
R147g5.6
S
VR-5R254g4.5
R156g
S57g
X60g
VR-6
SR63g3.2
S65g
X66g
VR-7
S73g3.0
X75g
VR-8
S85g2.6
X86g

 

【ツアーAD】ハードヒッター向け元調子系シャフト

 

元調子系シャフトは、ヘッドスピードに自信のあるハードヒッター向けのシャフトです。

DIは松山英樹プロ、BBは石川遼プロが使用していました。

ヘッドスピードに自信のない方が使用するとボールが上がらない、ボールが捉まらないといった結果になりやすいので要注意です。

 

ツアーAD DI

 

ツアーAD DIの特徴

  • 中元調子で打点が安定しやすい
  • 先端剛性が高く弾きが良い
  • HSに自信がある方におすすめ
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
DI-5R254g4.7中元
R155g
S57g
X60g4.6
DI-6
SR64g3.4
S65g3.3
X67g
DI-7
S74g3.2
X75g3.1
DI-8
S84g3.0
X85g2.9

 

 

ツアーAD BBの特徴

  • 先端剛性が高い元調子
  • 低弾道・低スピンの強弾道
  • ハードヒッターにおすすめ
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
BB-5R255g4.3
R1
S57g
BB-6
SR63g3.2
S65g
X66g
BB-7
S74g2.8
X76g
BB-8
S84g2.8
X85g

 

ツアーAD GP

 

ツアーAD GPの特徴

  • 中元調子で打点が安定しやすい
  • 低弾道・低スピンの強弾道
  • 先端剛性が高く弾道が安定
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
GP-4R247g5.7中元
R1
S48g
GP-5
SR55g4.3
S56g
X57g
GP-6
SR64g3.1
S66g
X67g
GP-7
S75g2.9
X76g
GP-8S84g2.7
X85g

 

 

ツアーAD IZ

 

ツアーAD IZの特徴

  • 中調子に近い中元調子でタイミングが取りやすい
  • 全体的にしなって扱いやすい
  • 先端剛性が高く弾道が安定
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
IZ-4R246g5.6中元
R147g
S
IZ-5
R252g4.5
R154g
S56g4.4
X58g
IZ-6
SR62g3.2
S63g
X65g
IZ-7
S72g3.1
X74g
IZ-8S82g2.9
X83g

 

ツアーAD XC

 

ツアーAD XCの特徴

  • ツアーADシリーズで最もハードヒッター向け
  • 低弾道・低スピンの強弾道
  • 先端剛性が高く弾道が安定
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
XC-4R247g5.7
R1
S48g
XC-5
R254g4.3
R14.2
S56g
X58g
XC-6
SR62g3.2
S64g
X65g
XC-7
S73g3.0
X75g
XC-8S83g2.8
X85g

 

 

【ツアーAD】ダブルキック系シャフト

 

切り返しの時の手元のしなりによるタイミングの取りやすさとインパクト時の先端の走りによる飛距離性能を両立したのがダブルキック系シャフトです。

 

ツアーAD MT

 

ツアーAD MTの特徴

  • 切り返し手元がしなるのでタイミングが取りやすい
  • インパクトでヘッドが走るので捉まりが良い
  • ダブルキックなので好みがはっきり分かれる
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
MT-5
R254g4.7ダブル
キック
R1
S56g
MT-6
SR62g3.3
S64g
X65g
MT-7
S73g3.1
X75g
MT-8S82g2.9
X84g

 

 

 

その他関連情報

 

2021人気おすすめドライバー

【2020-2021】最新ドライバー23モデルをタイプ別に紹介!人気やおすすめは?

フジクラのベンタス(VENTUS)ってどんなシャフト?ブルーなどの特徴を紹介

ディアマナ『DF・RF・BF・ZF』シャフトの調子などスペックの違いをまとめました

三菱テンセイCKシャフト

三菱ケミカルのテンセイ(TENSEI)CKシリーズってどんなシャフト?

 

まとめ

 

今回はグラファイトデザインのツアーADシリーズ歴代13種類をご紹介しました!

メーカーの公表スペックではほぼ全てのシャフトが中調子と表記されていますが、実際はアマチュア向けの先調子やハードヒッター向けの元調子など様々です。

実際に打たないとそのシャフトの特徴が掴めないので、ツアーADシリーズを検討している方は購入前に試打するのがおすすめ!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください