三菱ケミカルのテンセイ(TENSEI)CKシリーズってどんなシャフト?

三菱テンセイCKシャフト

 

PGAツアーで人気の三菱ケミカル”テンセイ(TENSEI)”シャフト。

今回ご紹介する”CKシリーズ”は、ツアープロの間でブームとなっている”CKプロシリーズ”よりもアマチュア向けに開発されたカーボンシャフトです。

テンセイCKシリーズのレッド、ブルー、ホワイト、オレンジの4モデルの特徴やスペックを詳しくご紹介していきます。

 

三菱ケミカルのテンセイ(TENSEI)CKシリーズの特徴とテクノロジー

 

US三菱ケミカルが開発したテンセイ(TENSEI)は、全体的にハードヒッター向けのスペックとなっています。

テンセイには以下の4つのシリーズがあり、それぞれターゲットとなるゴルファーが異なっています。

TENSEIシリーズ

  1. CKシリーズ】アマチュア向けのソフトモデル
  2. AV RAWシリーズ】中間のモデル
  3. CKプロシリーズ】プロ向けのハードモデル
  4. 1Kプロシリーズ】2021新モデル

 

今回ご紹介するテンセイCKシリーズは4シリーズの中で最もアマチュア向けに開発されたソフトなモデルです。

『CKプロシリーズでは少しハードかな』という方におすすめのシリーズです。

 

 

テンセイのテクノロジー

 

三菱ケミカルのシャフトは従来3~6種類の素材から作られていました。

テンセイは従来のシャフトとは異なり、カーボンファイバーや炭素繊維と高強度で衝撃安定性に優れるデュポン社のケプラー繊維など11種類の素材を使用しています。

これによりスイングスピードアップ、安定性を図れる設計となっています。

ちなみに、TENSEIは日本語の「転生」からとった言葉で、CKはカーボンファイバー(Carbon fiber)とケプラー(Kevlar)の頭文字をとっています。

 

 

テンセイCKシリーズはオレンジなど4モデル!それぞれの特徴とスペックは?

スポンサーリンク

 

テンセイCKシリーズは「ブルー・レッド・ホワイト・オレンジ」の4種類がラインナップされています。

同じCKシリーズでもモデルごとに弾道やスピン量、好みがはっきり分かれる設計となっています。

では、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう!

 

テンセイCKブルー(BLUE)

 

テンセイCKシリーズで最もオーソドックスでクセのないシャフトがCKブルー(BLUE)です。

全体的にしなってくれる中調子で扱いやすい印象です。

幅広いゴルファーをターゲットにしているためバリエーションが豊富。50g台のシャフトにはレディースモデルもラインナップされています。

 

テンセイCKブルー(BLUE)の特徴

  • クセのない中調子
  • 全体的にしなって扱いやすい
  • バリエーションが豊富
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
ブルー50

L50g6.5
A53g6.4
R54g5.6
S57g5.5
X60g5.4
ブルー60R64g4.6
S67g4.5
X70g4.4
ブルー70R73g4.0
S76g4.0
X78g3.9

 

 

テンセイCKレッド(RED)

 

オーソドックスなブルーよりもキックポイントが先端側にあるため、ヘッドが走り、捉まりが良くなったシャフトがCKレッド(RED)です。

先中調子であるためインパクトロフトが大きくなりやすく、結果的に打ち出し角が高くなり、スピン量も多くなります。

また、シャフトの捻じれ(トルク)も大きいので、フック回転がかかりやすく、スライサーにおすすめのシャフトです。

 

テンセイCKレッド(RED)の特徴

  • 先が走る先調子
  • トルクが大きく捉まりが良い
  • 高弾道でキャリーが出せる
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
レッド50R55g6.0先中
S57g5.9
レッド60R63g5.1
S66g5.1

 

 

テンセイCKホワイト(WHITE)

 

4モデルの中で最もハードヒッター向けのシャフトがCKホワイト(WHITE)です。

CKレッドとは対極に手元側がしなる中元調子で、先端剛性が高くインパクトロフトが少なくなりやすいです。

そのため、打ち出し角が低くなり、スピン量も少なくなります。

 

テンセイCKホワイト(WHITE)の特徴

  • 先端剛性が高い元調子
  • 最もハードヒッター向け
  • 低弾道・低スピンの強弾道
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
ホワイト60R63g4.6中元
S67g4.4
X69g4.4
ホワイト70R73g4.1
S76g4.1
X80g4.0

 

 

テンセイCKオレンジ(ORANGE)

 

CKオレンジ(ORANGE)最大の特徴がカウンターバランス

手元側が重く、先端側が軽くなっているため、振り抜きやすくなっています。

同じ中調子のブルーよりも先端剛性が高く、当たり負けせずしっかり初速が出せるシャフトです。

注意点としては、カウンターバランスは好みがはっきり分かれるシャフトですので、まずは試打することをおすすめします。

 

テンセイCKオレンジ(ORANGE)の特徴

  • カウンターバランスで振り抜きやすい
  • 中調子だが先端剛性が高い
  • 好みがはっきり分かれる
  • つかまり:
  • スピン量:
  • 弾道高さ:

 

モデルフレックス重量トルク調子
オレンジ50
R55g6.0
S57g5.9
X60g5.8
オレンジ60R63g4.6
S66g4.4
X69g4.4
オレンジ70R73g4.0
S75g3.9
X78g3.8

 

 

【テンセイ】その他シリーズの特徴とラインナップ

 

三菱ケミカルのテンセイは、今回ご紹介した”CKシリーズ”の他に”AV RAWシリーズ”、”CKプロシリーズ”、そして新たに発売される”1Kプロシリーズ”があります。

その他シリーズでも”レッド”、”ブルー”、”ホワイト”、”オレンジ”の基本的な特徴は変わらず、どのシリーズでもブルーならオーソドックスな中調子、ホワイトならハードヒッター向けの手元調子となっています。

シリーズ毎のラインナップは、アマチュア向けの”CK”とハードヒッター向けの”CKプロ”は4色すべてラインナップされておりますが、中間の”AV RAW”はレッドを抜いた3色、新作の”1Kプロ”はホワイトのみとなっています。

 

シリーズ毎の製品ラインナップ
シリーズCKAV RAWCKプロ1Kプロ
レッド
ブルー
ホワイト
オレンジ

 

その他最新ギア情報

 

2021人気おすすめドライバー

【2020-2021】最新ドライバー23モデルをタイプ別に紹介!人気やおすすめは?

フジクラのベンタス(VENTUS)ってどんなシャフト?ブルーなどの特徴を紹介

ディアマナ『DF・RF・BF・ZF』シャフトの調子などスペックの違いをまとめました

テーラーメイド2021新作SIM2ドライバー

テーラーメイドの2021年モデル「SIM2」ドライバーの特徴や発売日は?

キャロウェイ2021新作epic max speedドライバー

キャロウェイ2021年の新作「EPIC MAX/SPEEDドライバー」の特徴や発売日は?

 

まとめ

 

今回はUS三菱ケミカルのテンセイCKシリーズについてご紹介しました!

PGAツアーで人気のCKプロシリーズよりもよりアマチュア向けのソフトなシャフトで、4モデルで特徴がかなり異なるシャフトです。

また、今年新たに”1Kプロシリーズ”が発売されます!ホワイトのみのラインナップで、プロ向けのシャフトと思われますが、今のところ詳細は不明です。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください