キャロウェイのマーベリック・サブゼロ・MAXドライバーの特徴やスペックを紹介

2020年2月7日に発売されるキャロウェイの新作‟MAVRIK(マーベリック)”シリーズ!
ドライバーはMAVRIK(マーベリック)SubZero(サブゼロ)MAX(マックス)の3種類が展開されますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?
今回の記事では、マーベリックシリーズのドライバー3モデルの特徴やスペックの違いなどをご紹介します!

 

スポンサーリンク

ドライバーは『MAVRIK(マーベリック)』『サブゼロ』『MAX』の3モデル

今回キャロウェイから発売される‟MAVRIK(マーベリック)”シリーズ!

ドライバーはスタンダードモデルの『マーベリック』、プロ・上級者モデルの『サブゼロ』、そしてスライサーやアベレージゴルファー向けモデルの『MAX』の3モデルが展開されます!

キャロウェイ契約プロたちが次々と投入しており、今年大人気のドライバーになりそうです!

では、早速3モデルの特徴やスペック、テクノロジーの違いをご紹介していきます!

購入を検討されている方は是非参考にしてください!!

モデル価格 発売日
MAVRIK76,230円(税込)2月7日
MAVRIK SubZero84,700円(税込)2月7日
MAVRIK MAX76,230円(税込)4月

 

ドライバーの3モデルに共通する特徴

スポンサーリンク

 

マーベリックシリーズのドライバーは、これまでのエピックシリーズ・ローグシリーズで採用されていたテクノロジーを受け継いでいます!

まず初めに3モデルに共通するテクノロジーをご紹介します!

 

初速を上げる二本の柱「ジェイルブレイクテクノロジー」

2017年発売のGBBエピックから搭載されている二本の柱「ジェイルブレイクテクノロジー」はマーベリックシリーズにも搭載されています!

クラウンとソールを結ぶ二本の柱は、インパクト時のクラウンとソールがたわむことによるエネルギーロスを抑制し、フェースの反発力を高め、ボール初速のアップを図っています。

 

進化した「フラッシュフェーステクノロジー」

 

2019年発売のエピックフラッシュから搭載されているAIが生み出した「フラッシュフェース」はマーベリックシリーズにも搭載されています!

「ボール初速を上げる」「ルール適合」の2つの指令をAI(人工知能)に与え、スーパーコンピューターで解析して辿りついたフラッシュフェースは、高初速エリアが広く、芯を外しても飛ぶフェースです!

マーベリックシリーズではAIの処理能力を増強し、さらに高初速エリアを拡大した「フラッシュフェースSS20」が搭載されています!

「キャロウェイは二本の柱の間で打たないと飛ばない」と言われていましたが、マーベリックシリーズは、芯を外しても飛ぶやさしいドライバーとなっています!

 

フェースの素材も高強度に

 

「フラッシュフェースSS20」は、高初速エリアの拡大だけではなく、素材も強化されています!

従来よりも高強度で、軽量なFS2Sというチタンが採用されているため、エネルギーロスを減少させ、初速アップに繋がっています!

 

AIが打感と打球音も解析

 

前作のエピックフラッシュでは、「ガキン」という硬めの打感と高い打球音に好みが分かれるところでした。

マーベリックシリーズでは、それを改善するためAIが打感と打球音を解析し、上級者やプロ好みの柔らかい打感と低い打球音になっています。

 

MAVRIK(マーベリック)ドライバーの特徴やスペック

 

まずはスタンダードモデルのマーベリックドライバーの特徴を紹介します。

 

最大の特徴はヘッド形状

スタンダードモデルのマーベリックドライバー最大の特徴は、空気抵抗を軽減するヘッド形状です!

これまでのキャロウェイのドライバーでは、慣性モーメントを高めるために、低・深重心のシャローバックが採用されていきました。

しかし、マーベリックドライバーでは空力性能を高めるために、ハイバックのサイクロン構造を採用しています!

ソール後方を高くすることで、スイング中の空気抵抗を軽減され、結果的にヘッドスピードアップ、飛距離アップに繋がっています!

 

ソールウェイトで低・深重心に

前作のエピックではソールウェイトをスライドさせることで弾道(ドロー・フェード)を調整することができましたが、マーベリックドライバーではウェイトが固定されています。

スタンダードモデルのマーベリックドライバーは、ソール後方にウェイト(5g)が固定されています。

ハイバックのサイクロン構造で重心が高くなってしまうところをこのウェイトで慣性モーメントの高い低・深重心に調整しています!

 

マーベリックドライバーのスペック

 

マーベリックドライバーのスペック
ロフト10.5°12°
ライ角58.0°
ヘッド体積460cc
シャフトDiamana 50 for CallawayTour AD
XC-6
Speeder EVOLUTION VI 661Diamana ZF60
長さ45.7545.5
フレックスSSRRSSS
総重量約299g約297g約296g約317g約319g約316g
シャフト重量約46g約44g約42g64g65.5g64.5g
トルク6.03.23.93.8
バランスD3D2D3D2
調子中元中元
グリップ
GOLF PRIDE Tour Velvet 360 オレンジ
約46g約50g

 

マーベリックドライバーの試打・計測データ

 

SIMとMAVRIK(マーベリック)ドライバーを試打!計測データを比較してみました!

 

先行予約はこちら

 

MAVRIK SubZero(マーベリック サブゼロ)ドライバーの特徴やスペック

 

続いて上級者・プロモデルのマーベリックサブゼロドライバーの特徴を紹介します。

 

やや小ぶりで操作性の高いヘッド

 

マーベリックとマックスが460ccのヘッドなのに対して、サブゼロは450ccとやや小ぶりなヘッドとなっています!

これにより、操作性の高いプロ・上級者好みのヘッドとなっています!

 

ソール後方と前方にソールウェイトを設置

マーベリックドライバーではソール後方にのみウェイトを設置することで低・深重心を図っていましたが、サブゼロではソール前方にもウェイトを設置しています。

これにより、スタンダードモデルよりも高・浅重心となり、吹き上がりを抑えた低弾道・低スピンの弾道を安定して打つことができます!

ヘッドスピードが速く、ボールが上がりすぎてしまうという方におすすめです!

 

スペック

 

マーベリックサブゼロドライバーのスペック
ロフト10.5°
ライ角56.0°
ヘッド体積450cc
シャフトTour AD SZ-5 Type ⅡTour AD
XC-6
Speeder EVOLUTION VI 661Diamana ZF60TENSEI ORANGE CK PRO 60
長さ45.7545.5
フレックスSSRSSSS
総重量約309g約307g約320g約321g約319g約320g
シャフト重量約53g約51g約64g65.5g64.5g63.5g
トルク5.93.23.93.83.5
バランスD4D2
調子中元中元手元
グリップ
GOLF PRIDE Tour Velvet 360 オレンジ
約46g約50g

 

先行予約はこちら

 

MAVRIK MAX(マーベリック マックス)ドライバーの特徴やスペック

 

最後にスライサー・アベレージゴルファー向けモデルのマーベリックマックスドライバーの特徴を紹介します。

3モデルの中で唯一4月の発売を予定しています!

 

最も高初速エリアが広いフェース

 

芯を外すことの多いアベレージゴルファーを対象にしているため、3モデルの中で最も高初速エリアを広く設計した構造となっています!

低・深重心でボールが上がりやすく、ヘッドスピード40m/s前後のゴルファーが最も飛距離の出る設計になっています!

逆に、ヘッドスピードが速いプレーヤーが使用するとバックスピンが増え、ボールが吹き上がってしまいます。

 

ヒール側のソールウェイトでヘッドを返しやすい

マーベリックマックスのソールウェイトはソール後方と前方のヒール側に設置されています!

これにより、重心距離が短くなりヘッドを返しやすい設計になっています!

ヘッドを返すのが苦手なスライサーにおすすめです!

 

スペック

 

マーベリックマックスドライバーのスペック
ロフト10.5°
ライ角59.0°
ヘッド体積460cc
シャフトDiamana 40 for Callaway
長さ45.75
フレックスSSRR
総重量約290g約288g約287g
シャフト重量約45g約44g約42g
トルク6.36.46.5
バランスD1
調子中元
グリップ
GOLF PRIDE Tour Velvet 360 オレンジ(約42g)

 

先行予約はこちら

 

マーベリックを試打!3モデルを徹底比較した動画

 

 

石川遼プロと河本結プロのマーベリック試打動画!

 

 

 

 

その他関連情報

 

キャロウェイの2020年新作MAVRIK(マーベリック)ドライバーやFWを紹介

マーベリックが打てる!キャロウェイゴルフの2020試打会情報まとめ

石川遼のクラブセッティング・2019最新!ドライバーやアイアン、パターは?

【河本結のクラブセッティング】2020最新!ドライバーのシャフトやパターは?

【ザンダー・シャウフェレのクラブセッティング】2020最新!キャロウェイ

 

まとめ

 

2020年キャロウェイの新作マーベリックシリーズ!

ドライバーはスタンダードモデルの『マーベリック』、プロ・上級者モデルの『サブゼロ』、そしてスライサーやアベレージゴルファー向けモデルの『MAX』の3モデルが展開されます!

『マーベリック』と『サブゼロ』は2月7日の発売で、『MAX』は4月発売予定です!

3モデルともに、前作のエピックフラッシュやローグシリーズよりもオフセンターヒット時の飛距離のロスが少ない進化した『フラッシュフェースSS20』を搭載しています!

今年大人気のドライバーとなりそうですね!

今回の記事では、マーベリックシリーズのドライバー3モデルの特徴やスペックをご紹介いたしました!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください