ホールインワン保険とは?領収書の宛名は?海外やセルフプレーでも請求できる?

ゴルファーであれば一度は達成してみたいのがホールインワンですね!
ホールインワンの確率はかなり低く、一生に一度達成できるかどうかといわれています。
しかし、日本では独自の習慣が定着しており、ホールインワンを達成した喜ばしい出来事のはずが辛い出来事になってしまうことも・・・
そうした事態を避けるため、ホールインワン保険について知っておきましょう!

スポンサーリンク

 

ホールインワン保険とは

ホールインワン保険とは、ホールインワンたまはアルバトロスを達成した際に贈る記念品等で負担した費用を保険金として補償される保険です。

日本では、ホールインワンやアルバトロスを達成した際に、周囲の人にその幸運をお裾分けする意味で記念品を贈呈したり、祝賀会や記念ゴルフコンペを開くなどの習慣が定着しています。

その費用は数十万円から百万円を超える場合もあるため、金銭的負担が大きく、本来であれば喜ばしい出来事のはずが辛い出来事になってしまいます。

こうした事態に対処するために、ゴルファー保険にはホールインワン補償が組み込まれており、加入するゴルファーは少なくありません。

 

ホールインワンの確率は?

 

ホールインワンの確率は、一般のアマチュアゴルファーで約2,000ラウンドに1回の確率とされています。

ホールインワンの意味や確率などの詳しい情報については、こちらをご覧ください!

 

ホールインワンを達成したときの費用はいくら?

ホールインワンやアルバトロスを達成した際に、記念品を贈呈したり祝賀会を開いたときの費用は、人数や規模によって変わってきますが、通説では少なくとも30万円程度とされています!

小規模なコンペであれば数十万円、大規模なコンペでは百万円を超える場合もあります!

一般のアマチュアゴルファーには負担が大きいですね!

 

保険料や補償される金額はいくら?

 

保険料は年間3000円~5000円程度、補償される金額の上限は30万円~100万円程度と保険会社によって変わってきます。

保険料や補償される金額だけではなく、それぞれ補償内容に特徴がありますので、加入する際はしっかり調べてから加入しましょう!

 

ホールインワン保険の注意点

スポンサーリンク

ホールインワンを達成したときでも安心できるホールインワン保険ですが、費用を補償してもらうには、ホールインワンを達成したことを証明しなければなりません。

しっかりと証明できなければ、保険が適用されないケースも!

ホールインワン保険には、いくつか注意点がありますので紹介します!

 

ホールインワンを証明する方法

 

ホールインワンを達成し保険金を請求しても、達成したことを証明できなければ保険は適用されません。

ホールインワン保険を請求する際に必要なもの以下の通りです。

  • 同伴競技者の証明書
  • ゴルフ場の支配人・責任者の証明書
  • 同伴競技者以外の第三者(キャディなど)の証明書や、証明できる映像
  • ホールインワン費用の支払いに関する領収書

※領収書の宛名には自分の名前を、但し書きには「ホールインワン祝賀費用」「ホールインワン記念品」などと記載しましょう!

但し書きが「品代」「飲食代」となっているものは受け付けない場合があります。

 

セルフプレーは対象外?

ホールインワンを証明するためには、同伴競技者以外の第三者の証明書か、証明できる映像が必要です。

同伴競技者以外の第三者の証明書は、キャディ以外でもゴルフ場のスタッフ・造園業者・前後組のプレーヤーが目撃していた場合は、そのプレーヤーなどの証明でも問題ありませんが、セルフプレーの場合は目撃者がいないことがほとんどです。

ホールインワン達成の瞬間が撮影されている映像があれば別ですが、キャディーを付けないセルフプレーの場合は、この同伴競技者以外の第三者に証明してもらうことが難しく、保険が適用されないこともあります!

 

海外でのプレーは対象外?

近年、海外でゴルフを楽しむ方が増えています。

そのため、海外のゴルフ場でホールインワンを達成するケースも少なくありません。

ホールインワン保険を適用して祝賀会などを開きたいところですが、海外では日本のように祝賀会などを開く習慣がないため、ホールインワン保険は適用されませんのでご注意を!

 

まとめ

 

ホールインワンを達成する確率は約2,000ラウンドに1回ととても低い確率ですが、運よく達成したときに喜ばしい出来事のはずが、辛い出来事になってしまわないように、ホールインワン補償が組み込まれているゴルファー保険に加入しておくと安心です!

しかし、保険が適用されないケースもあるので、記念品や祝賀会の費用を負担する前に保険会社に相談することをおすすめします!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください