誤球の処置やペナルティは?ホールアウトしたら?ゴルフ用語解説・2019新ルール

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴルファーとしてまず気を付けなければならないのが誤球です。
そのため、誤球に対するペナルティは大きく、正しく処置を行わないと競技失格になることも!
今回は、誤球をしないための対策方法や、誤球の処置に関するルールを解説します。

スポンサーリンク

 

誤球とは

誤球(wrong ball)とは、自分のインプレーのボールではなく、同伴競技者のボールやコース内に放置されたロストボールなどを誤ってプレーしてしまうことです。

マッチプレーではそのホール負け、ストロークプレーでは2打罰のペナルティになります。

また、誤球に気付くことなくホールアウトし、次のホールのティーショットを打った時点で競技失格となります。

なお、最終ホールの場合はそのパッティンググリーンを離れた時点で競技失格となります。

 

誤球を防ぐ方法

 

誤球のほとんどは、思い込みや勘違いなどの不注意により起こります。

どんな場合でも、しっかり自分のボールを確認することが大切です。

誤球を防ぐ方法の一つとして、ボールに識別マークを付けるという方法があります。

具体的にはディンプルを黒く塗り潰したり、ボールナンバーを丸で囲うなどです。

一目で自分のボールだとわかるようなマークを付けましょう!!

 

正しい処置とペナルティ

スポンサーリンク

 

マッチプレーでは誤球した時点でそのホール負けとなりますが、ストロークプレーでは正しく処置をした後プレーを続けます。

誤球には、コース内に放置されたロストボールをプレーする場合と、他のプレーヤーのボールをプレーする場合、二人のプレーヤーが相互に誤球する場合が考えられます。

 

放置されたロストボールをプレーしたとき

放置されたロストボールをプレーしたときは、誤球に気付いた時点で正しい自分のボールを探す必要があります。

自分のボールが見つかれば、誤球のペナルティ(2打罰)を加えた上でプレーを再開します。

3分以内に自分のボールが見つからなかった場合はロストボール(紛失球)とみなされるため、そのショットを打った位置まで戻り、誤球のペナルティ(2打罰)とロストボールのペナルティ(1打罰)を加えた上でプレーを再開します。

なお、誤球でプレーしたストローク数は、スコアに入りません。

 

他のプレーヤーのボールをプレーしたとき

 

自分のボール対する処置は、放置されたロストボールをプレーしたときと同じです。

しかし、自分が誤球した他のプレーヤーのボールは、元あったと思われる位置に元のライを再現するようにプレースすることになります。

 

2人のプレーヤーが相互に誤球したとき

 

同伴競技者や隣のホールをプレー中のプレーヤーなど、2人のプレーヤーが相互に誤球したときは、どちらが先に誤球したかは関係なく、お互いにペナルティが科せられます。

お互いに相手のボールを元あったと思われる位置にプレースしてプレーを再開します。

なお、マッチプレーでは先に誤球したほうがそのホール負けとなります。

 

まとめ

 

誤球をプレーした場合のペナルティは2打罰と大きいです。

さらに誤球を訂正せずに次のホールのティーショットを打ってしまうと競技失格となります。

誤球の原因の多くは、思い込みや勘違いといった不注意によるものであり、自分のボールをしっかり確認すること、識別マークを付けることなどで防ぐことができます。

他人と被らない自分なりの識別マークを付けると見分けが付けやすくなりますよ!

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 誤球した本人が全く気付かず、次のホールでプレイした場合はどうなりますか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください