ゴルフシャフト選びに重要なトルク(ねじれ)とは?

ゴルフシャフトを選ぶ際のポイントの一つが「トルク」です。
硬さや調子を気にするゴルファーはいますが、トルクの大きさも重要です。
トルクの大きさで球筋やミスの傾向が変わってきます!
シャフトの役割を理解し、シャフト選びに役立てましょう!!

スポンサーリンク

 

トルクとは

スイング中、シャフトはしなるだけではなく、シャフトを軸にヘッドが回転するようにねじれます。

このときのねじれの大きさを数値で表したのが「トルク」です。

シャフトは切り返し直後から時計回りにねじれ(フェースが開く)、リリース後にしなり戻りと同調しながら反時計回りにねじリ戻ります(フェースが閉じる)。

 

トルクの役割

 

方向性を安定させるためには、トルクの小さいシャフトの方が良い気がしますが、それは違います。

トルクは、車のハンドルの「遊び」に例えるとわかりやすいです。

ハンドルの遊びが少ないと、ちょっとした操作が車に伝わりますが、遊びが多いとそれをカバーしてくれます。

ゴルフシャフトのトルクも同じで、ゴルファーのちょっとした操作ミスをカバーしてくれます。

スイングのズレを吸収して、違和感なくスイングできるようにするのがトルクの役割です。

また、インパクト時にシャフトがねじり戻り、ボールを捕まえてくれる役割もあります。

 

トルクの大きさはどう選ぶ?

スポンサーリンク

 

シャフトを選ぶときのトルクの大きさは、ゴルファーのレベルやヘッドスピードによって変わってきます。

トルクの大きいシャフトは、スイング軌道が不安定なゴルファーが使うと、ミスを減らしてくれるメリットがあります。

しかし、ヘッドスピードが速いゴルファーが使うと、インパクト時にシャフトがねじり戻りすぎてしまい、ボールは左に曲がりやすくなります。

トルクの小さいシャフトは、操作性が高いことから、球筋をコントロールしたいプロに好まれます。

また、ヘッドスピードが遅いゴルファーが使うと、インパクト時にシャフトのねじり戻りが少ないため、ボールを捕まえにくく、右に曲がりやすくなります。

 

その他ゴルフクラブについての関連情報

 

その他ゴルフクラブについての関連記事はこちら!!

◆ゴルフシャフト選びに重要なキックポイント(調子)とは?粘り系と弾き系の違いは?

◆【2018-2019】初心者向け人気ドライバーランキング10選

◆R・マキロイのクラブセッティング・2019シーズン!ドライバーのシャフトは?

◆アダム・スコットのクラブセッティング・2019シーズン!ドライバーはTS2?TS3?

 

まとめ

 

トルクの役割と重要性を理解していただけましたか?

しっかりと理解すればシャフト選びに役立つはずです!!

シャフトを選ぶ際はトルクの大きさにも気を付けてください!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください