暫定球とは?宣言しないとペナルティ?英語では?ゴルフ用語解説・2019年新ルール

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OBやロストボール(紛失球)の可能性がある時に打つ暫定球ですが、詳しいルールまでご存知ですか?
暫定球の扱いについて正しく知っておかないとペナルティになることも!
今回は、意外と知られていない暫定球に関するルールや注意点について解説します!

スポンサーリンク

 

暫定球とは

暫定球(provisional ball)とは、OBやロストボール(紛失球)の可能性がある時に、宣言した上でもう一つのボールを暫定的に打つことをいいます。

その後、最初に打ったボールがインプレーの状態で見つかった場合は、暫定球を放棄し無罰でプレーを続けます。

最初に打ったボールがOBやロストボールとなった場合は、暫定球をインプレーのボールとし、1打罰を加えた上でプレーを続けます。

また、仮に暫定球がOBやロストボールの可能性がある時は、更に暫定球を打つことができます。

 

暫定球を打つ理由

 

最初のボールがOBやロストボールであった時に、元の位置に戻って打ち直していては大幅な時間と労力がかかります。

暫定球には、そうした時間と労力が省き、スロープレーを防ぐ目的があります。

そのため、同伴競技者や後続組に迷惑をかけないためにも、OBやロストボールの可能性がある時は暫定球を打つようにしましょう!!

 

暫定球に関するルールと注意点

スポンサーリンク

 

暫定球の宣言

 

暫定球を打つ際は、同伴競技者に「暫定球打ちます」と宣言しなければなりません。

その時、最初のボールと区別がつくように、ボールのメーカーや番号を伝えるといいでしょう。

仮に宣言せずに暫定球を打った場合は、最初のボールがインプレーの状態であっても紛失球扱いとなり、1打罰を加えた上で暫定球のボールがインプレーとなります。

 

最初のボールが見つかったとき

 

暫定球のショットが上手くいったとしても、最初のボールがインプレーの状態で見つかった場合は、暫定球を放棄し最初のボールをプレーしなければなりません。

その場合、暫定球のショットはなかったこととなり、無罰でプレーを続けます。

もし暫定球でプレーを続けてしまった場合は、誤球をプレーしたことになるため、2打罰が科せられた上で正球をプレーしなければなりません!

 

最初のボールが見つからなかったとき

 

最初のボールがOBであったり、ボールを探し始めて3分以内に見つけることができず紛失球となった場合は、暫定球がインプレーのボールとなります。

ただし、最初のボールがあると思われる場所に到達するまでは、暫定球を宣言なしで何度もプレーすることができます。

例えば、最初のボールはドライバーで打ったが暫定球はアイアンで刻んだという場合は、そのボールを打ってから最初のボールを探しに行くことになります。

しかし、最初のボールがあると思われる場所、もしくはそれよりもホールに近い場所の暫定球をプレーした場合、最初のボールは紛失球扱いとなります。

 

プレーイング4が設置されているとき

多くのゴルフ場では、OBの出やすいホールなどにプレーイング4(前進4打)という特設ティーが設置されています。

これはティーショットがOBだった時に、元の位置からの暫定球や打ち直しをせず、特設ティーまで前進し4打目として打つことができるローカルルールです。

スロープレー防止の目的で設置されており、設置されている場合は従うのが一般的です。

また、特設ティーから打つ時はティーアップすることができます。

 

その他関連情報

 

暫定球に関連するその他情報はこちら!!

◆ゴルフルール!OBを打った時の救済は?ライン上の球はどうなる?杭は抜いてもいい?

◆ゴルフルール!ロストボールの処置を解説!何打罰?スコアの数え方や探す時間は?

◆【ゴルフ新ルール】2019年の改定に向けて重要な変更点をサクッと解説(動画あり)

 

まとめ

 

暫定球は、スロープレー防止を目的としたルールです。

プレーヤーには暫定球を打つ権利がありますので、必要性を感じた場合は打っておくと良いでしょう!!

その時は「暫定球打ちます」と宣言することを忘れずに!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください