ペナルティエリアとは?ゴルフ用語解説・2019年新ルール

2019年1月1日より新ルールが施行されました。
それにより各コースエリアの名称が変更になります!
その一つがペナルティエリアです!
新ルールでは、このペナルティエリアに関するルールが大きく変わりました!
これを機に用語の定義をしっかり覚えておきましょう!!

スポンサーリンク

 

ペナルティエリアとは

ペナルティエリア(penalty area)とは、2019年1月1日に施行された新ルールにより誕生した新しいゴルフ用語です。

旧ルールでは、ウォーターハザードラテラルウォーターハザードとされていた池や小川などのエリアが新ルールではペナルティエリアとなります。

ペナルティエリアは水域以外にも設定可能で、ブッシュや雑木林などをペナルティエリアとして設定できます!

境界線が赤杭、赤線で示されているエリアはレッドペナルティエリア、黄杭、黄色線で示されているエリアはイエローペナルティエリアといいます。

ただし、ペナルティエリアは原則として赤杭、赤線で示すとされているため、ほとんどの場合がレッドペナルティエリアとなります!

 

赤と黄色の違いは?

 

レッドペナルティエリアとイエローペナルティエリアでは救済の選択肢が変わってきます!

救済の選択肢は、レッドペナルティエリアは旧ルールのラテラルウォータハザードイエローペナルティエリアは旧ルールのウォーターハザードと同じです!

ただし、対岸への救済は廃止されました!

詳しい救済措置の方法はこちら

 

 

ペナルティエリアに関するルール

スポンサーリンク

 

ペナルティエリアに関する新ルールなど、覚えておきたいルールをいくつか挙げるので覚えておきましょう!!

 

ペナルティエリアからプレーするとき

ペナルティエリア内のボールをプレーするときのルールが大きく変わりました!

旧ルールでは、ソールやルースインペディメントを取り除くことが禁止されていましたが、新ルールではジェネラルエリアと同様にソールやルースインペディメントを取り除くことが可能です!

水面にクラブで触れても無罰です!

 

ボールが地面に食い込んだとき

ペナルティエリアでボールが地面に食い込んでいるときは、ジェネラルエリアと違い無罰で救済を受けられません!

新ルールではフェアウェイに限らずジェネラルエリアであれば救済を受けられるようになりましたが、ペナルティエリアは含まれていません。

ボールが地面に食い込んだときの詳しいルールはこちら

 

カジュアルウォーター

ペナルティエリアにあるボールはカジュアルウォーターの救済を受けられません!

同じハザードでもバンカーであれば受けられます。

カジュアルウォーターの詳しいルールはこちら

 

まとめ

 

ペナルティエリアという新しいゴルフ用語は「ウォーターハザードという概念が無くなり、名称が変わっただけ」と覚えて問題ないと思います!

ただし、ルールは大きく変わっているので覚えておきましょう!

主な新ルールの変更点はこちらをご覧ください!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください