フェアウェイバンカーの打ち方!クラブはアイアンよりユーティリティ?練習方法は?

ティーショットがフェアウェイバンカーにつかまったら、がっかりしますよね。
少しでもダフればバンカーから出ないなどのミスにつながるシビアなショットなので、苦手意識を持たれている方も多いはず!
そんな苦手意識を克服するために、今回はフェアウェイバンカーの打ち方の基本からクラブ選択、練習方法まで詳しく解説させていただきます!

スポンサーリンク

 

フェアウェイバンカーとは

フェアウェイバンカーとは、パー4やパー5の2打目地点などに配置されているバンカーのことをいいます。

ガードバンカーに比べ平坦でアゴが低いのが特徴で、グリーンまで100~200ヤード前後の位置に配置されている場合が多いです。

そのため、グリーンを狙う場合は『バンカー・エクスプロージョンショットの基本!打ち方のコツは?距離感や練習方法は?』で紹介している「エクスプロージョンショット」とは違い、ショットが求められます!

 

状況判断とクラブ選択

 

フェアウェイバンカーにつかまった時に、まず確認してほしいのがボールのライです。

目玉になっていたり沈んでいた場合はグリーンを狙うのを諦めて、エクスプロージョンショットでバンカーからの脱出を最優先にしましょう!

ライが良くボールに直接コンタクトできると判断したら、続いてゴの高さとピンまでの距離を確認しましょう!

例えば、ピンまで180ヤードで本来ならユーティリティで届く距離だとしても、ユーティリティではアゴの高さをクリアできない場合は、番手を下げて刻まなければなりません!

アゴの高さをクリアできないクラブを選択してしまうと、アゴに当たって大きくショートしてしまいます!

このように、フェアウェイバンカーでは、状況判断とクラブ選択がとても重要になります!

 

打ち方の基本

フェアウェイバンカーからのショットは番手通りの高さと距離を出さなければなりません!

砂は芝よりも抵抗が強いため、少しでもクラブがボールの手前から入ると全く飛ばない、それを怖がって浅く入れ過ぎるとトップしてアゴの高さをクリアできないなどのミスになってしまいます。

エクスプロージョンショットはダフッてもいいのに対し、フェアウェイバンカーからのショットはボールをクリーンに打つシビアなショットが求められます!

直接ボールにコンタクトするコツと、バンカーショットを易しくしてくれるクラブ選択についてみていきましょう!

 

アドレス

 

フェアウェイバンカーでのアドレスは普段とそれほど変わりません!

ただし、ボールに直接コンタクトするための準備として、以下のポイントを意識してください!

  • ボールを普段よりも1個分右にセットする
  • 普段よりも指一本分クラブを短く持つ
  • 普段よりも左足体重にする

以上の3つのポイントを意識するだけです!

 

ダフらずに打つコツは?

 

アドレスでボールに直接コンタクトするための準備が出来ているので、あとは普段と同じスイングをすれば、ボールだけクリーンに打つことが出来ます!

ダフらずに打つコツは、バンカーだからといって特別な意識を持たないことです!

バンカーに苦手意識を持っている方の多くは、バンカーショットの時だけ余計に力が入ったりして、普段のスイングが出来ていません!

苦手意識を払拭し、特別な意識を持たなくなったら、フェアウェイバンカーはそれほど難しくありません!

 

オススメのクラブ

スポンサーリンク

 

フェアウェイバンカーからのショットは、アイアンよりもフェアウェイウッドやユーティリティをお勧めします!

ソールの幅が広く、砂の上でも滑ってくれるので、ミスになりづらいです!

グリーンまでの距離があり、アゴが低いときに限定されますが、積極的に使ってみましょう!

また、ソールの幅が広くなっているアイアンにも同じことがいえます。

どうしてもフェアウェイバンカーが苦手という方にオススメです!

 

オススメの練習方法

フェアウェイバンカーからのショットは、打ちっぱなしのマットの上でも練習できます!

ボールをマットの左端に置いて、ボールだけを打つ練習をしましょう!

この時、先ほど紹介したアドレスでの3つのポイントを意識してください!

また、実際のバンカーショットのようにクラブをソールせずに打ちましょう!

何度も練習すれば、フェアウェイバンカーも普段と同じスイングが出来るようになり、苦手意識を払拭できます!

 

最後に

 

フェアウェイバンカーは先ほど紹介した練習方法を普段からしていれば、それほど難しいとは感じないはずです!

また、クラブはソールの幅が広いものを使い、ミスの確率を下げることも大切です!

ティーショットでフェアウェイバンカーに入ってもいいと思えるくらいまで練習しましょう!!

また、バンカー内のルールについては『ゴルフ・バンカー内のルール!小石や枯葉は避けられる?レーキで足跡を直すのは?』をご覧ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください