ゴルフグリップの正しい握り方!左手と右手の握る強さは?おすすめは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近ゴルフを始めた初心者ゴルファーの皆さん!
正しいグリップの握り方をしっかり理解して練習してますか?
練習はしてるのに全くうまくならない。
ボールには当たるけど球筋が安定しない。
などお困りの方が多いのではないでしょうか?
今回は見落としがちなグリップの基本をじっくり解説します!

スポンサーリンク

 

グリップの正しい握り方

最近ゴルフを始めたけど、握り方すらよくわからない・・

そんな初心者ゴルファーも多いと思います!

正しいスイングをするには正しいグリップでなければなりません。

ダフリやトップ、フックやスライスといったミスの原因は、実はグリップが原因であることがほとんどです!

早く上達するためにも正しいグリップを覚えましょう!

 

まずはフェイスをスクエアに

グリップを握る前にクラブフェイスを目標に対して直角(スクエア)に合わせてから握りましょう!

初心者の方で握ってからフェイスの向きを合わせる方が多いです・・

それだと毎回同じ向きで握れないので、ミスの原因になります!

必ず、フェイスをスクエアに合わせてから握るようにしましょう!!

 

グリップの種類(左手)

フェイスをスクエアに合わせたら次は左手のグリップです!

写真のように左手のグリップは3種類あります。

左からストロンググリップ、スクエアグリップ、ウィークグリップです!

それぞれの特徴と、どのような人に合っているか解説していきます!!

 

ストロンググリップ(フックグリップ)

写真のように自分から見て親指が右側に来て、握りこぶしが2~3個見える程度で握るのがストロンググリップです!

ストロンググリップはスライスが出にくく、飛距離も出やすいと言われています!

スライスに悩んでいる方、飛距離が出ない方におすすめです!

初心者の方はフェイスの開閉(アームローテーション)がうまく出来ずスライスに悩む方が多いので、まずはこのグリップで真っすぐ飛ばすコツを掴むのがおすすめです!

また、別名フックグリップとも呼ばれています。

デメリットとしては、大きく左に曲がるフック、最初から左に飛び出すひっかけが出やすいところです!

 

スクエアグリップ

写真のように親指がグリップの真上に来るのがスクエアグリップです!

スクエアグリップは、クセのないストレートボールが打ちやすく、オーソドックスなスイングが身に付きます!

アームローテーションが出来るようになった中級者以上の方におすすめです!

ストロンググリップでフックなどのミスが出始めた方は、少しずつスクエアグリップに近づけていくといいと思います!

 

ウィークグリップ

写真のように自分から見て親指が左側に来るのがウィークグリップです!

ウィークグリップはスライス系の球が打ちやすいのが特徴です!

どうしてもフックが出てしまうときの応急処置として試してみても良いかも。

また目の前に木などの障害物があり、それを避けるためにわざとスライスをかける「インテンショナルスライス」を打つ時など特殊なショットを打ちたいときにおすすめです!

しかし、通常のショットを打つ時このグリップで握っている上級者やプロはほとんどいません!

ストロンググリップか、スクエアグリップで自分の打ちたい球が打てるように練習しましょう!!

 

グリップの種類(右手)

左手の握り方を覚えたら次は右手のグリップです!

写真のように右手のグリップは基本的に3種類あります。

左からインターロッキング、オーバーラッピング、テンフィンガーです!

それぞれの特徴と、どのような人に合っているか解説していきます!!

 

インターロッキング

写真のように左手人差し指と右手小指を絡ませて握るのがインターロッキングです。

インターロッキングは、左手と右手の一体感を感じやすく、アームローテーションがしやすいのが特徴です!

筋力に自信がない女性や年配の方、指が短い人に合っていると言われています!

私自身もこのグリップで、最もオーソドックスな握り方といえます!

 

オーバーラッピング

写真のように左手人差し指と中指の間に右手小指を被せて握るのがオーバーラッピングです。

オーバーラッピングは、利き手である右手の力を抑えやすく、左手主導のスイングがしやすいのが特徴です!

筋力に自信がある男性、指が長い人におすすめです!

また、右手を使い過ぎてフックやひっかけが出てしまう方などにもおすすめです!

こちらも一般的な握り方ですので、インターロッキングとオーバーラッピングで自分に合っている方を選ぶといいですよ!

 

テンフィンガー(ベースボールグリップ)

写真のように左手と右手の指を重ねずに野球のバットのように10本の指で握るのがテンフィンガーグリップです。

ゴルフ特有の指を絡める握り方ではなく、10本の指でしっかり握れるので、ゴルフを始めたばかりの非力な女性などはこのグリップから初めてもいいかもしれません。

しかし、上級者やプロでも使用者が少なく、一般的ではないためあまりおすすめできません。

ゴルフに慣れてきたら、インターロッキングかオーバーラッピングに変えることをおすすめします!

 

グリップを握る強さは?

スポンサーリンク

 

握り方が決まったら次は握る強さです!

遠くまで飛ばそうとして力いっぱい握っていませんか?

余計な指に力は入っていませんか?

実はこれは逆効果で力を入れたほうが飛ばなくなります!!

グリップをギュッと握ってしまうとヘッドを加速することができず、ヘッドスピードが落ちてしまいます。

グリップを握る強さには個人差がありますが、スイングしたときにクラブが飛んでいかない程度で、出来るだけ軽く握りましょう!

左手と右手の比率にも個人差がありますが、8:2や6:4などと言われていて、グローブをしている左手を強めに握ります!!

また、すべての指で握るわけではありません。

左手は中指と薬指、小指の3本で、右手は中指と薬指の2本です!!

それ以外の指は力を入れないようにしてください!

 

続いてスイングの基本を学びたい方はこちら↓

初心者必見!ゴルフスイングの基本!当たるようになるコツは?正しい練習方法は?

 

まとめ

 

グリップの種類はここで紹介した以外にもありますが、基本的なグリップは左手と右手でそれぞれ2種類ずつです!

左手は、「ストロンググリップ」か「スクエアグリップ」

右手は、「インターロッキング」か「オーバーラッピング」

上記で解説した通りそれぞれの特徴がありますので、どのグリップが自分に合っているか色々と試してみて下さい!

握る強さは利き手である右手に力を入れ過ぎないように注意してくださいね!

長くなりましたが、グリップの握り方を開設させていただきました!!

スライスやフックに悩む初心者や中級者の方は、これを機に見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください