アルバトロスとは?英語の意味や由来は?確率は?ゴルフ用語解説

ホールインワンと同じく、ゴルファーなら一度は達成したいのがアルバトロスですが、その英語の意味や由来、確率はご存知ですか?
また、もし達成した場合は保険は適用されるのでしょうか?
今回はゴルフ用語のひとつである「アルバトロス」について解説します!

スポンサーリンク

 

アルバトロスとは

アルバトロス(albatross)とは、パーよりも3打少ない打数でホールアウトすることをいいます。

パー4のホールでは第1打、パー5のホールでは第2打でホールアウトするとアルバトロスになります。

ただし、アメリカ国内ではダブルイーグル(Double Eagle)と呼ぶのが一般的です。

日本ではホールインワンを達成したときと同じく、記念品を贈呈したり、祝賀会を開いてお祝いをする風習があります。

その際の費用が負担になることから、ホールインワン保険に加入しているゴルファーも少なくありません。

ちなみに、パーよりも1打少ない打数でホールアウトすることバーディ、2打少ない打数でホールアウトすることをイーグルといいます。

 

意味と由来

アルバトロスは、「アホウドリ」の英名です。

アホウドリは、羽を広げると2メートル近くなるような大型の海鳥で、翼と風を巧みに利用し雄大に大空を飛ぶ鳥であることに由来しています。

 

確率は?

 

一般アマチュアがアルバトロスを達成する確率は100万~200万分の1といわれています。

1ラウンドにパー5が4つあるとすると、25万~50万ラウンドに1回となります。

ホールインワンを達成する確率は約2,000~2,500ラウンドに1回といわれていますから、アルバトロスがどれほど難しいかがわかります!

しかし、ツアープロの場合は、約3万回の1、約7500ラウンドに1回と確率がグッと上がります!

飛距離が出てパー5で2オンできるツアープロと、なかなかパー5で2オンできないアマチュアでは確率が大きく変わるようです。

 

アルバトロスの動画

スポンサーリンク

 

ツアープロでも約3万分の1といわれているアルバトロスの動画を紹介します!

PGAツアーとヨーロピアンツアーのアルバトロス、そして最後は国内ツアー史上初の珍しい出来事です!

 

PGAツアーのアルバトロス・トップ10

 

PGAツアーのアルバトロスのトップ10です!

かなり古い映像も含まれていますので、それほど珍しいということでしょう。

アメリカ国内のツアーですので、実況がアルバトロスではなくダブルイーグルと言っていますね!

 

ヨーロピアンツアーのアルバトロス・トップ10

 

ヨーロピアンツアーのアルバトロスのトップ10です!

実況はアルバトロスといっています!

やはりダブルイーグルと言うのはアメリカ国内だけのようです。

 

アルバトロスとホールインワン同時達成

 

2011年7月15日、東名カントリークラブで行われた「スタンレーレディスゴルフトーナメント」で、有村智恵選手がアルバトロスとホールインワンを同一ラウンドで達成しました!

8番ホールのパー5でアルバトロスを達成した後、16番ホールのパー3でホールインワンを達成!

同一ラウンドでアルバトロスとホールインワンを同時に達成したのは、日本のプロツアー史上、男女を通じて初の出来事だそうです。

 

その他ゴルフ用語解説

 

その他ゴルフ用語について解説した関連記事はこちら!!

◆ホールインワンとは?意味や確率は?最多記録や最年長記録は?

◆ジェネラルエリアとは?ゴルフ用語解説・2019年新ルール

◆ペナルティエリアとは?ゴルフ用語解説・2019年新ルール

◆ティーイングエリアとは?ゴルフ用語解説・2019年新ルール

◆ルースインペディメントとは?バンカーや2019年のルール改正は?

 

まとめ

 

ホールインワンと同じく一生に一度は達成してみたいアルバトロスですが、飛距離が出ないアマチュアにとって、達成するのはかなり難しいようです。

ホールインワンよりもかなり確率が低いので、万が一達成した場合は記念品を贈呈したり、祝賀会を開いてお祝いしたいですね!

◆ホールインワン保険とは?領収書の宛名は?海外やセルフプレーでも請求できる?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください