【スティーブ・ストリッカーのクラブセッティング】2020最新!タイトリスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の記事では、53歳となった今も活躍を続けるスティーブ・ストリッカーの最新クラブセッティングを紹介します。
ショートゲームの名手として知られるストリッカーはクラブに相当なこだわりがあるようで、アイアンはなんと14年前のモデルを使用しています!
では、ドライバーやアイアン、ウェッジ、シャフトのスペックなど詳しくご紹介していますので、是非最後までご覧ください!

 

スポンサーリンク

スティーブ・ストリッカーのプロフィール

 

スティーブ・ストリッカー(Steve Stricker)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Steve Stricker(@stevestrickpga)がシェアした投稿

出身はアメリカ・ウィスコンシン州エジャートン。

イリノイ州立大学を卒業後、1990年にプロ転向。

1996年に米ツアー「ケンパー・オープン」で初優勝を遂げると、「モトローラ・ウェスタン・オープン」でも優勝し年間2勝を挙げた。

その後は2001年の「アクセンチュア・マッチプレー選手権」で優勝を果たした。

2005年は調子が上がらず賞金ランキング「162位」に落ち込み、2006年度のPGAツアーシード権を失う屈辱を味わった。

しかし、2006年は立ち直りを見せ「カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に選出、2007年には「ザ・バークレイズ」で6年ぶりのツアー優勝を果たし、2年連続で「カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に選出された。

2009年は年間3勝を挙げ世界ランキング2位に到達した。

2019年には、シニアメジャー「全米シニアオープン」を大会最少ストロークで制した。

生年月日1967/02/23
身長/体重180cm/86kg
国籍アメリカ合衆国
出身地ウィスコンシン州
出身校イリノイ大学
プロ転向1990年
初優勝1996年 ケンパー・オープン
通算戦績米国12勝, 欧州 1勝
世界ランク最高位2位(2009年)

 

スティーブ・ストリッカーの2020最新クラブセッティング

スポンサーリンク

 

こちらがスティーブ・ストリッカーの2020シーズン最新クラブセッティング一覧です。

クラブメーカーモデル
ドライバータイトリスト913D3
3Wタイトリスト915F
4Hタイトリスト816 H1
3IキャロウェイApex Pro
4I-PWタイトリスト755
53°タイトリストSM6
59°タイトリストSM4
パターオデッセイホワイトホット2
ボールタイトリストプロV1x

 

ドライバーは913D3

タイトリスト:913D3

スペック

  • ロフト:8.5°
  • シャフト:フジクラ モトーレ スピーダー VC 8.2 X

 

フェアウェイウッドは915F

タイトリスト:915F

スペック

  • ロフト:13.5°
  • シャフト: 三菱ケミカル テンセイCKプロ ホワイト 80TX

 

ユーティリティは816 H1

タイトリスト:816 H1

スペック

  • ロフト:17.0°
  • シャフト:フジクラ モトーレ スピーダー VC 9.2 X

 

アイアンはApex Proと755

キャロウェイ:Apex Pro

スペック

  • ロフト:21.0°(3I)
  • シャフト:プロジェクトX

 


タイトリスト:755

スペック

  • ロフト:25°~43°(4I-9I)
  • シャフト:KBSツアー プロトタイプ

 

ウェッジはSM6とSM4

タイトリスト:SM6

スペック

  • ロフト:54-10S@53°
  • シャフト:DG S400

 


タイトリスト:SM4

スペック

  • ロフト:60-12@59°
  • シャフト:DG S400

 

パターはホワイトホット#2

オデッセイ:ホワイトホット#2

スペック

  • ロフト:3.0°

 

ボールはプロV1x

タイトリスト:プロV1x

 

 

その他タイトリスト契約プロのクラブセッティング

 

【アダム・スコットのクラブセッティング】2020最新!ドライバーはTS4

ジョーダン・スピース2021最新クラブセッティング

【ジョーダン・スピースのクラブセッティング】2021最新!タイトリスト

【ジャスティン・トーマスのクラブセッティング】2019・CJカップ優勝

【ウェブ・シンプソンのクラブセッティング】2020最新!タイトリスト

【パトリック・リードのクラブセッティング】2020最新!ドライバーはPING

 

まとめ

 

ショートゲームの名手として知られるスティーブ・ストリッカー。

ボーケイのSM6とSM4、2006年モデルのタイトリスト755アイアンなどクラブを頻繁に変えるタイプではないようですね!

今回はスティーブ・ストリッカーのクラブセッティングを紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください