【ジャスティン・トーマスのクラブセッティング】2019・CJカップ優勝

今回の記事では、元世界ランク1位のジャスティン・トーマスが、2019年CJカップで優勝を飾った時のクラブセッティングを詳しくご紹介します。

タイトリストとクラブ契約しているトーマスですが、ドライバーやアイアンは最新モデルを使用しているのでしょうか?

178cmの痩身の体型にもかかわらず、豪快なスイングで爆発的な飛距離を生むジャスティン・トーマスのクラブセッティングをご覧ください!!

 

スポンサーリンク

プロフィール

 

ジャスティン・トーマス(Justin Thomas)

ゴルフ一家に生まれた彼は2歳のときからクラブを握り、数々の好成績を残してアラバマ大学へ進学するが、大学2年のときの2013年にプロ転向。

2016年の「CIMBクラシック」でツアー初優勝を飾ると、翌2017年には「全米プロゴルフ選手権」でのメジャー初制覇を含む5勝を挙げて年間王者に輝いた。

その後も好調を維持し、2018年には史上4番目の若さで世界ランク1位に登りつめた。

同学年のジョーダン・スピースとは、ジュニア時代からの親友。

生年月日1993/04/29
身長/体重178cm/66kg
国籍アメリカ合衆国
出身地ケンタッキー州ルイビル
出身校アラバマ大
プロ転向2013年
初優勝2016年 CIMBクラシック
通算戦績米国 10勝(うちメジャー1勝)
世界ランク5位(2019/10/14現在)

 

ジャスティン・トーマスのクラブセッティング

スポンサーリンク

 

こちらが2019年10月に行われたCJカップで優勝したときのクラブセッティング一覧です。

 メーカークラブ
ドライバータイトリストTS3
3WタイトリストTS3
5Wタイトリスト915Fd
4IタイトリストT100
5I-9Iタイトリスト718MB
46°,52°,56°タイトリストSM7
60°タイトリストSM6
パタースコッティキャメロンX5
ボールタイトリストプロV1x

タイトリスト契約プロですので、ドライバーからパター、ボールまでタイトリスト一色です。

4Iは先日発売されたばかりのT100アイアンを早速使用していますね!

では、シャフトやスペックなどの詳細をご覧ください!!

 

ドライバーはTS3

タイトリスト:TS3

  • ロフト:9.5度
  • シャフト:三菱 ディアマナZF 60TX
  • 長さ:44.25インチ
  • バランス:D2.5

もともと短く握るタイプですが、ドライバーは44.25インチの短尺にして使用しています。

短尺ドライバーに60g台の軽めのシャフトでヘッドスピードを上げて飛距離を出しています。

 

3WはTS3、5Wは915Fd

タイトリスト:TS3

  • ロフト:15度
  • シャフト:三菱 テンセイ CK プロ ブルー 80TX
  • 長さ:43インチ
  • バランス:D3

 

タイトリスト:915Fd

  • ロフト:18度
  • シャフト:フジクラ モトーレ スピーダー VC9.2 ツアースペック X
  • 長さ:42インチ
  • バランス:D3

 

4Iは最新モデルのT100、5I-9Iは718MB

タイトリスト:T100

  • ロフト:23度
  • シャフト:ダイナミックゴールド ツアーイシュー X100
  • 長さ:38.5インチ
  • バランス:D2

 

タイトリスト:718MB

  • ロフト:27度~43度(5I-9I)
  • シャフト:ダイナミックゴールド ツアーイシュー X100
  • 長さ:38インチ~36インチ
  • バランス:D2

 

ウェッジは4本、SM7とSM6

タイトリスト:ボーケイ SM7

  • ロフト:46-10F, 52-12F, 56-14F
  • シャフト:ダイナミックゴールド ツアーイシュー S400
  • 長さ:35.75インチ, 35.5インチ, 35.25インチ
  • バランス:D3, D3, D5

 

タイトリスト:ボーケイ SM6

  • ロフト:60-12K
  • シャフト:ダイナミックゴールド ツアーイシュー S400
  • 長さ:35インチ
  • バランス:D5

 

パターはスコッティキャメロン

スコッティキャメロン:X5

 

ボールは定番のプロV1x

タイトリスト:プロV1x

 

その他タイトリスト契約プロのクラブセッティング

 

同じくタイトリストとクラブ契約している選手のクラブセッティングはこちら

【2019最新】アダム・スコットのクラブセッティング

 

まとめ

 

同学年のジョーダン・スピースとともに世代交代を狙うジャスティン・トーマス。

ともにタイトリスト契約プロで、安定した成績を残しています。

今後の活躍に注目ですね!

今回は、期待の若手ジャスティン・トーマスのクラブセッティングを紹介しました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください