タイトリストの新作『TSi2・TSi3』ドライバーの特徴やスペックを紹介!

2020年に発売されたタイトリストの新作「TSi2・TSi3」ドライバー!
前作「TS」シリーズのマイナーチェンジモデルかと思っている方も多いと思いますが、フェース面に新素材を使用するなど大きな変化が見られます。
今回の記事ではTSiドライバーの特徴やスペックを詳しくご紹介していますので、購入を考えている方は是非参考にしてください!

 

スポンサーリンク

タイトリスト「TSiドライバー」は2モデル

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Titleist(@titleist)がシェアした投稿

TSiドライバーは前作のTSドライバーの後継モデルで日本では2モデルが発売されています。

「TSi2」は寛容性が高く、打ち出しも高くなるアベレージゴルファーモデル。

「TSi3」はコンパクトな洋梨型のヘッド形状で、新たな弾道調整機能「SureFitCGトラック」がついたアスリートゴルファーモデル。

この2つのモデルに共通する最大の特徴は、フェース面に新素材のチタン合金が採用されていることです。

 

フェース面に新素材の「ATI 425チタン」

 

「TSi」最大の特徴がフェース面に採用されている新素材「ATI 425チタン」です。

「ATI 425」は軽量で弾力性、耐久性に優れたチタン合金で、火星探査機などに使用されていたようですが、ゴルフ業界ではタイトリストが始めてTSiドライバーのクラブフェースに採用しました。

ルール限界の反発係数でインパクト時の初速アップを実現しています。

 

空力性能を大幅に向上

 

テーラーメイドのSIMドライバー、キャロウェイのマーベリックドライバーで話題になったダウンスイングからインパクトにかけての空力性能。

TSiドライバーでは、エアロダイナミクス形状によりスイング中の効率が15%向上されています。

 

前モデルとの互換性は?

 

TSiドライバーには、これまでと同様に「SureFitホーゼル」が採用されており、16通りのロフト角とライ角の組み合わせが調整可能です。

よって、「SureFitホーゼル」が採用されているTS、917、915、913、910、VG3(2016/2014)ドライバーとの互換性があります。

 

進化した弾道調整機能

 

TSi3ドライバーには、これまでなかった弾道調節機能「SureFitCGトラック」が採用されています。

ソール後方のウェイトの位置を変えることで、ヘッドの重心を「T2、T1、N、H1、H2」の5段階で調整可能。「T2、T1」はトゥ側に、「H1、H2」はヒール側に調整できます。

 

 

TSi2ドライバーのスペックと特徴

TSi2ドライバーは、投影面積が大きい高慣性モーメント設計で、ボールの曲がりが抑えたいアベレージゴルファー向けモデル。

ミスヒット時でも初速落ちず、あまり飛距離が変わらないのが特徴です。

高弾道・低スピンで飛距離をキャリーを出したいという方におすすめ!

 

TSi2ドライバーの特徴

 

TSi2ドライバーの特徴

高慣性モーメント設計でブレないストレート弾道

広い高初速エリアでミスヒットに強い

バックスピンが少ない高弾道でビッグキャリー

投影面積が大きく構えたときの安心感があるヘッド形状

 

スペックとシャフトは?

 

TSi2ドライバーのスペック
ロフト9.0°10.0°11.0°
ライ角58.5°
体積460cc

 

TSi2ドライバーのシャフトラインナップ
シャフトTSP110 50TSP322 50Tour AD DI 5Tour AD DI 6
フレックスSR・S・Tour SSR・S・Tour SSS
キックポイント中調子中元調子中調子中調子
バランスD2.0D3.0D1.5D2.5
価格¥82,500¥82,500¥93,500¥93,500

 

TSi2ドライバーの最安値を探す

 

 

 

TSi3ドライバーのスペックと特徴

TSi2と同じ460ccですが、こちらはやや小ぶりに見えます。

ソール後方には「SureFitCGトラック」が採用されています。ピンの「G425」のような調節機能です。

ウェイトは標準で8gですが、ほかにも4、6、10、12gがあります。

 

TSi3ドライバーの特徴

 

TSi3ドライバーの特徴

洋梨型のヘッド形状で高い操作性

広い高初速エリアでミスヒットに強い

低スピンで風に強い強弾道

理想の弾道に近づけるSureFitCGトラック搭載

 

スペックとシャフトは?

 

TSi3ドライバーのスペック
ロフト8.0°9.0°10.0°
ライ角58.5°
体積460cc

 

TSi3ドライバーのシャフトラインナップ
シャフトTSP110 50TSP322 50Tour AD DI 5Tour AD DI 6
フレックスSR・S・Tour SSR・S・Tour SSS
キックポイント中調子中元調子中調子中調子
バランスD2.0D3.5D1.5D2.5
価格¥82,500¥82,500¥93,500¥93,500

 

TSi3ドライバーの最安値を探す

 

 

 

まとめ

 

最後にタイトリストの新モデル「TSi2・TSi3」ドライバーの特徴をまとめました!

まとめ

フェースに新素材のATI 425チタンを使用

空力性能を15%向上しヘッドスピードアップ

910以降のドライバーと互換性がある

TSi3には弾道調節機能「SureFitCGトラック」を搭載

TSi2ドライバーは寛容性の高いアベレージゴルファーモデル

TSi3ドライバーは弾道をコントロールしたい上級者モデル

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください