【渋野日向子】クラブセッティングと番手毎の飛距離!ドライバーは?パターは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は黄金世代の一人、渋野日向子のクラブセッティングと番手毎の飛距離をご紹介します。

2019シーズン、5月の国内メジャー「ワールドレディスサロンパスカップ」でのプロ初優勝から、7月には早くも2勝目を飾り、8月には「全英女子オープン」に参戦。

絶好調の彼女を支えるパターやドライバー、アイアンなどの番手毎の飛距離まで詳しくご紹介します!

 

全米女子オープン出場中の渋野日向子の最新クラブセッティングはこちら

全米女子オープンに挑む渋野日向子の最新クラブセッティングを紹介

 

スポンサーリンク

渋野日向子のプロフィール

 

渋野日向子(Hinako Shibuno)

 

生年月日1998/11/15
身長/体重165cm/62kg
出身地岡山県岡山市
出身校岡山県作陽高等学校
ゴルフ歴8歳~
プロ転向2018年7月28日
所属先RSK山陽放送
初優勝2019年 ワールドレディスサロンパスカップ
通算戦績国内 2勝(メジャー1勝)
世界ランク46位(2019/7/28現在)

 

渋野日向子の2019年最新クラブセッティング

 

スポンサーリンク

 

ドライバー

ピン:G410プラス

  • ロフト:10.5度
  • シャフト:フジクラ スピーダーエボリューションⅥ 569
  • 硬さ:SR
  • 長さ:45インチ

 

ドライバーやフェアウェイウッドは直進性の高い大きなヘッドが好みと語っています。

ドライバーは、深低重心構造、空気抵抗を削減したシャロー系のヘッドで、しっかり叩けるピンの「G410プラス」を使用しています!

構えたときに左に行きそうな感じがない分、思い切り振っていけるそうです!

 

3番ウッド

ピン:G410 LST フェアウェイウッド

  • ロフト:14.5度
  • シャフト:フジクラ スピーダーエボリューションⅥ 569
  • 硬さ:SR
  • 長さ:43インチ

 

フェアウェイウッドもG410シリーズを使用しています。

G410シリーズのフェアウェイウッドは、最適な重心設計で最大飛距離を生む「G410」、つかまりが良く楽に飛ばせる「G410 SFT」、低スピンで飛距離を稼ぐ「G410 LST」の3モデル販売されています。

渋野日向子が使用するのは低スピンで飛ばす「G410LST」

シャフトもドライバーの流れを汲んだ「スピーダーエボリューションⅥ 569」

ドライバーからの流れを意識したセッティングですね!

 

5番ウッド

ピン:G410 フェアウェイウッド

  • ロフト:17.5度
  • シャフト:フジクラ スピーダーエボリューションⅥ 569
  • 硬さ:SR
  • 長さ:42.5インチ

 

得意クラブは5番ウッドと語る彼女はピンの「G410」を使用しています!

「G410LST」よりも球が上がりやすく、スピンも入りやすいこのタイプは、積極的にグリーンを狙っていけます!

多くのアマチュアにとってはこのモデルの方が扱いやすいようです!

 

ユーティリティ

ピン:G410 ハイブリッド

  • ロフト:19度(3番)、22度(4番)
  • シャフト:フジクラ ダイヤモンドスピーダー HB-7
  • 硬さ:S
  • 長さ:38.75インチ

 

ユーティリティはロフト角とライ角を調整できる「G410」の3番と4番というセッティング。

ヘッドが大きめのウッド型ユーティリティですが、抜けがよく、アイアンと同じように振り抜ける感覚があります。

シャフトはフジクラの「ダイヤモンドスピーダー HB-7」

「HB」とはハイブリッド用、「7」とは重量が70グラム台ということを表しています。

 

アイアン

ピン:i210 アイアン

  • ロフト:26度(5番)~45度(PW)
  • シャフト:フジクラ MCI 80
  • 硬さ:R
  • 長さ:37.75インチ~35.25インチ

 

アイアンは操作性を重視。

小ぶりで打感のやわらかい「i210 アイアン」を使用しています!

しっかりと球が上がってくれて、コントロール性も高いので気に入っているそうです!

シャフトはフジクラの「MCI 80」

カーボンとスチールを複合しているため錆にによる性能劣化の心配がなく、性能も扱いやすいため人気のシャフトです!

 

ウェッジ

ピン:グライド フォージド ウェッジ

  • ロフト:51度、55度
  • シャフト:KBS ツアー 90
  • 硬さ:R
  • 長さ:35.5インチ、35インチ

 

ウェッジはツアープロたちの要望で開発された「グライド フォージド ウェッジ」

柔らかい打感でスピン性能に優れたウェッジです!

スピンが入りすぎることが多いため、52度と56度を1度ずつ立てて使用しています。

 

パター

ピン:シグマ2 アンサー

  • ロフト:3度

 

彼女の最大の武器、2度の優勝を引き寄せたパッティング!

元々マレット型を使用していましたが、2年前にコーチの勧めでピン型に変えてからパッティングが良くなったと語っています。

彼女が使用するのは、柔らかい打感でしっかり打てるピンの「シグマ2 アンサー」

ミスヒットに強く、芯を外しても転がりが安定している扱いやすいパターです!

 

ボール

タイトリスト:プロV1

 

 

 

クラブセッティングと番手毎の飛距離

 

使用クラブの一覧と各番手の飛距離をご紹介します!

 クラブロフト(度)シャフト硬さ長さ(inch)飛距離(yd)
ドライバーピン:G410 プラス10.5スピーダーエボリューションⅥ 569SR45250
3Wピン:G410 LST フェアウェイウッド14.5スピーダーエボリューションⅥ 569SR43230
5Wピン:G410 フェアウェイウッド17.542.5210
3UTピン:G410 ハイブリット22ダイヤモンドスピーダー HB-7S38.75190
4UT26180
5Iピン:i210 アイアン26MCI 80R37.75170
6I29.537.25160
7I3336.75150
8I3736.25140
9I4135.75130
PW4535.25115
AWピン:グライド フォージド ウェッジ51KBS ツアー 90R35.5100
SW553580
パターピン:シグマ2 アンサー3    
ボールタイトリスト:プロV1     

 

その他関連情報

 

【ビームスゴルフ】渋野日向子の着用ポロシャツやパンツなどのウェアを紹介

渋野日向子の2020年試合スケジュールは?全英やオリンピックなどの日程を紹介

【河本結のクラブセッティング】2020最新!ドライバーのシャフトやパターは?

【原英莉花のクラブセッティング】2020最新!ドライバーは8.5度!ミズノ

 

まとめ

 

好調の要因はパターと語る渋野日向子。

しかし、スタッツを見てみると平均飛距離やパーオン率などすべての項目で上位につけています!

飛距離性能に優れたピンのクラブが彼女の好調を支えているようです!

今後の更なる活躍に期待しましょう!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください