【ゲーリー・ウッドランドのクラブセッティング】2019最新!ドライバーはG410

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の記事では、2019年の『全米オープン』でメジャー初制覇を飾り、『ZOZOチャンピオンシップ』にも参戦したゲーリー・ウッドランドのクラブセッティングをご紹介します。

PGAツアー屈指の飛ばし屋として知られるウッドランドのドライバーのスペックや、アイアンやシャフトなど詳しくご紹介していますので是非最後までご覧ください!

 

スポンサーリンク

プロフィール

 

ゲーリー・ウッドランド(Gary Woodland)

ドライバーの平均飛距離は300ヤードを超えるPGAツアー屈指の飛ばし屋。

2007年にプロ転向。その後はなかなか結果を残せなかったが、2011年のトランジションズ選手権でツアー初優勝。

2019年の「全米オープン」でメジャー初制覇を挙げた。

生年月日1984/05/21 
身長/体重185cm/91kg
国籍アメリカ合衆国
出身地カンザス州トピカ 
出身校カンザス大
プロ転向2007年
初優勝2011年 トランジションズ選手権
通算戦績米国 4勝(うちメジャー1勝)
世界ランク18位(2019/10/14現在)

 

ゲーリー・ウッドランドのクラブセッティング

 

こちらが2019年の全米オープンで優勝したときのクラブセッティング一覧です。

 

 メーカークラブ
ドライバーピンG410 Plus
3WピンG410 LST
3I-PWウィルソンスタッフモデル ブレード
52°, 58°タイトリストSM7
64°テーラーメイドミルドグラインド Hi-Toe
パタースコッティキャメロンニューポート プロトタイプ
ボールタイトリストプロV1

ドライバーと3Wは、高慣性モーメントで安定した弾道を生むピン『G410シリーズ』を使用しています。

ウッド系は、直進性の高い高慣性モーメントのモデルを使用する選手が多くなっていますね。

一方アイアンは、操作性を重視したマッスルバックアイアン。3IからPWというセッティングです。

ウェッジは6度刻みで3本。64度を使用しているところは飛ばし屋ならではですね!

では、それぞれのクラブのスペックを詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

ドライバーはピンのG410 Plus

ピン:G410 Plus

スペック

ロフト:7°

シャフト:アクラ ツアーZ RPG 472 M5+

長さ:44.75インチ

バランス:D3

 

ロフトは、ロフト調節機能を使って9度から7度に立てています。

シャフトはUSモデルの『アクラ ツアーZ RPG 472 M5+』を使用しています。

『アクラ ゴルフ公式サイト』

 

3WはG410 LST

ピン:G410 LST

スペック

ロフト:13.5°

シャフト:アクラ ツアーZX 4100 M5

長さ:42.5インチ

バランス:D3

 

こちらもロフト調節機能で14.5度のロフトを13.5度に立てています。

 

アイアンはウィルソンの名器

ウィルソン:スタッフモデル ブレードアイアン

スペック

ロフト:20°~46°(3I-PW)

シャフト:KBSツアー C-Taper 130X

長さ:39.25インチ~35.75インチ

バランス:D2

 

 

ウェッジはボーケイとテーラーメイド

タイトリスト:ボーケイ SM7

スペック

ロフト:52-08F, 58-10S

シャフト:KBS Hi-Rev 2.0 125X

長さ:35.75インチ, 35.5インチ

バランス:D3, D3

 

テーラーメイド:ミルドグラインド Hi-Toe

スペック

ロフト:64°

シャフト:KBS Hi-Rev 2.0 125X

長さ:35.75インチ

バランス:D3

 

 

パターはスコッティキャメロン

スコッティキャメロン:ニューポート プロトタイプ

スペック

グリップ:スーパーストローク Pistol GT 2.0

 

ボールは定番のプロV1

 

ツアープロのクラブセッティング

 

ピン契約プロのクラブセッティング

【2019最新】渋野日向子のクラブセッティングと番手毎の飛距離

【2019最新】キャメロン・チャンプのクラブセッティング

 

その他ツアープロのクラブセッティング

【ZOZOチャンピオンシップ優勝】タイガー・ウッズのクラブセッティング

【2019最新】トミー・フリートウッドのクラブセッティング

【2019最新】ローリー・マキロイのクラブセッティング

【2019・CJカップ優勝】ジャスティン・トーマスのクラブセッティング

 

まとめ

 

ツアー屈指の飛ばし屋ゲーリー・ウッドランド。

ドライバーのロフトが7度とは驚きました!

他にもシャープなヘッドのマッスルバックアイアン、64度のロブウェッジなど、ハードヒッターらしいクラブセッティングでしたね!

以上、今回はゲーリー・ウッドランドのクラブセッティングを紹介しました!

今後の活躍に期待しましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください