ゴルフ初心者必見!グリーン上のルール!ボールが動いたり当てられた時は?水たまりは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グリーン上のゴルフルールはとても複雑です!
マーカーの置き方から、アドレスしてからボールが動いた時や他人のボールが当たった時、パットライン上に水たまりあった時など。
対処の仕方を知らないと恥をかいてしまうことも・・・
今回は初心者の方のためにグリーン上の基本的なルールを詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

 

グリーン上のルール

グリーン上には他の場所とは違う特別なルールがたくさんあります!

完璧に覚えている人は少なく、ルールを勘違いしていてトラブルになることも・・・

初心者の方がすべて覚えることは難しいので、最低限のルールだけは覚えておきましょう!

では、基本的なグリーン上のルールを勉強していきましょう!!

 

ボールマークの仕方

グリーンに乗ったボールはボールマークして拾い上げることが出来ます!

ボールマークとは、写真のようにカップとボールの延長線上後方にコインなどのマーカーを置くことです!

100円玉などでもいいですが、専用のゴルフマーカーが売っているので買っておきましょう!

ルール上、マーカーは携帯している小物(ティーなど)でも良いとなっていますが、基本的にコインなどを使うのがマナーです!

拾い上げたボールをしっかり拭いてから、自分の打順が来たら元の位置にリプレースしましょう!

 

また、マーカーを2インチ(5cm)以上離して置くことは禁止されています!

ペナルティとして1打罰が科せられたうえで、元の位置にリプレースします!

 

ボールマークのずらし方

 

自分のボールマークが同伴競技者のパットライン上にある時は、自分のボールマークをずらします!

ずらし方はとても簡単です!

  1. まずは左右どちらにずらせばよいのか確認しましょう。
  2. ラインと直角方向に目印を見つけます。
  3. 目印の方向にパターヘッドを当てます。
  4. パターヘッド一個分マークをずらします。
  5. 同伴競技者のパッティングが終わったら、またパターヘッドを当てて元の位置に戻しましょう!

簡単ですね!

ずらした後の、戻し忘れに注意しましょう!!

ずらしたときにマーカーを裏返すなどの工夫で、戻し忘れを防ぐことが出来ますよ!!

 

グリーンに乗ったボールに同伴競技者のボールが当たった

スポンサーリンク

 

自分が先にグリーンオンしていて、同伴競技者のショットが自分のボールに当たった場合はどうするのでしょうか?

これはグリーン上に限らず、ボールを当てられて動かされたボールは元の位置にリプレースします!

ボールを当てられてカップインしたとしても、残念ながらカップインは認められません。

一方、当てた側のボールはそのまま止まった位置でプレーすることになります!

もちろんペナルティはありません!

ボールに当たってからカップインした場合は、カップインが認められます。

 

アドレスした後にボールが動いたら

 

ボールをリプレースしアドレスした後、突風が吹いてボールが動いてしまった!

滅多にないことですが、対処法はしっかり覚えておきましょう!

この場合はボールを元の場所に戻してはいけません!

動いた先からプレーするのが正しい対処法です!

 

ピンやボールに当ててしまった

グリーン上からパッティングしたボールが、グリーン上にあるボールやピンに当たった場合はペナルティとして2打罰が科せられます!

カップに刺さっているピンに当ててもペナルティですので、グリーンに乗ったら必ずピンを抜きましょう!

誤って当ててしまった場合は、先ほどのルールと同様に当てた側はそのままプレーを続けます。

当てられた側は元の位置にリプレースします!

 

例えば、ピンを刺したままパーパットを打って、それがカップインした場合、カップインは認められますが、ペナルティの2打罰が科せられスコアはダブルボギーとなります!

 

グリーン面の修復

グリーン面にはピッチマークやスパイクマークなどの損傷がありますね。

自分で付けたピッチマークなどは直すのがマナーですが、残念ながら直さない方も多いです・・

パットライン上にこれらの損傷があった場合、ボールの転がりに影響するので直したいところですね!

ですが、グリーン上の損傷で直せるのはピッチマークのみとルールで定められています!

他人がつけたスパイクマークなどは直すことが出来ません!

もし直してしまった場合は、2打罰が科せられます!

しかし、ホールアウトした後に修復することは認められているので、他のプレーヤーのためにもホールアウト後に直してあげましょう!

 

もちろん自分がグリーン面を損傷させた場合も修復するのがマナーで、他にもグリーン上には様々なマナーがありますので覚えておきましょう!!

グリーン上のマナーについての詳しい情報はこちら↓

ゴルフ初心者必見!グリーン上のマナー!ピッチマークの直し方や打順は?

 

グリーン上に落ち葉や砂が落ちていたら

グリーン上には、落ち葉や小石、バンカーの砂などが落ちていますね。

これらのような固定されていない自然の障害物をゴルフ用語で「ルースインペディメント」といいます。

スルーザグリーンと呼ばれるハザード以外のコース上、またはグリーン上のルースインペディメントは避けることが出来ます!

ただし、砂とバラバラの土はグリーン上でのみルースインペディメントと認められるため、他の場所では避けることが出来ません!

ハザード以外とあるようにバンカーやウォーターハザード内のルースインペディメントは避けることが出来ません!

 

グリーン上の水たまりがあったら

雨降りの後などはグリーン上の低いところに水たまりが出来ていることがあります!

せっかくナイスオンしたのに自分のボールが水たまりの中にあった悲しいですね・・・

しかし、悲しむ必要はありません!!

コース上の水たまりはカジュアルウォーターといって無罰で影響のない場所にプレースすることが出来ます!!

無罰の救済ですので、無理してそのまま打つ必要はないんです!!

 

カジュアルウォーターについての詳しい情報はこちら↓

ゴルフルール!カジュアルウォーターの救済と処置!判断は?バンカーやグリーン上は?

 

まとめ

 

ゴルフをプレーしていると思いもよらないトラブルが起り、対処法に困ることがあります!

特にグリーン上はトラブルが起こりやすいです!

今回はグリーン上の代表的なルールを解説させていただきましたが、ゴルフルールは覚えきれないくらい多いです!

少しずつ勉強して知識を増やしていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください