ゴルフ初心者必見!グリーン上のマナー!ピッチマークの直し方や打順は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グリーン上には守らなければならないマナーがたくさんあります!
正しいピッチマークの直し方やグリーンフォークの使い方、打順や抜いたピンをどこに置くかなど。
知らないと会社のコンペで上司を怒らせてしまうかも・・
今回は初心者の方のためにグリーン上の基本的なマナーを詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

 

グリーン上のマナー

ゴルフにはたくさんのマナーがあり、特にグリーン上に多いです!

守らないと同伴競技者に不快な思いをさせてしまうこともあります!

友人とのラウンド中にやっていたことが、実はマナー違反だったなんてことも・・・

楽しくラウンドするためにもマナーを守ることはとても大事です!

では、グリーン上のマナーについて勉強していきましょう!!

 

パットラインを踏まない

 

パットラインは踏んではいけません!これは基本中の基本ですね。

自分のパットラインもそうですが、他人のパットラインを踏まないように細心の注意を払いましょう!

そのためにも、グリーンあがる前から同伴競技者のボールの位置を確認するようにしましょう!

 

グリーン上は走らない

 

これも基本中の基本ですね!

初心者の方は要領がわからず、慌てて走ってしまうことがありますが、そこは冷静に!

グリーン上では絶対に走らないでください!!

走ってしまうとグリーン上にスパイクの跡がついてしまいますね!

これをスパイクマークといいますが、実はこのスパイクマークを直すことはルール上禁止されているんです!

あなたのバーディーパットのライン上に他人のスパイクマークが・・なんてことがあったら不愉快ですよね?

グリーンに傷を付けないように注意して歩くように心掛けてください!!

 

カップの周辺、カップの淵は踏まない

カップに入ったボールを写真のようにして拾い上げている初心者の方をよく見かけますが、実はこれマナー違反なんです!!

パッティングした際、カップ周辺のボールは勢いがないのでスパイクマークの影響を受けやすいです!

そのため、カップの周辺は踏まないのがマナーになっています!

ゴルフ中継などを観てみると必ずカップから遠い位置に足を置いて、片足立ちでボールを拾い上げていますね!

これはなるべくカップの周辺は踏まないようにしているんですね!

もちろんカップの淵は絶対に踏まないでくださいね!

 

バンカーショットの後は砂を落とす

バンカーショットがピン側に!!!

最高に気持ちいい瞬間ですね!

早くマークしに行きたいところですが、そこは冷静に!!

ゴルフ中継などでバンカーショットの後に、スパイクの底をクラブで叩いているのを見たことありませんか?

あれはスパイクの底についた砂を落しているんです!

必ずスパイクの底についた砂をラフなどで落としてからグリーンに上がりましょう!!

グリーン上が砂だらけになってしまいます・・・

 

ボールマークは必ず直す

セカンドショットがナイスオン!!

バーディーパットのラインを読む前にすべきことがあります!

それは自分の作ったピッチマーク(ボールマーク)を直すことです!

ピッチマークとはボールが落ちた場所にできる凹みのことです。

これを直すには「グリーンフォーク」と呼ばれる専用の道具を使います!

ラウンド前に購入しておきましょう!

もし持っていなかった場合はロングティーで直しても問題ありませんよ!

 

  • ピッチマークの直し方

ピッチマークの直し方はとても簡単です!

  1. 写真のようにグリーンフォークを刺し込んだら中央に向かって寄せていきます。
  2. これを各方向から行います。
  3. 最後に盛り上がった中央部分をパターで軽く叩いて平らに均します。

簡単ですね!

よくある間違いとして、グリーンフォークを持ち上げるようにして直す方がいますが、芝の根が切れてしまいますので全体にやめてください!!

 

また、グリーン上に他人の直し忘れたピッチマークがあれば直すように心掛けましょう!

 

近くても先に乗せる

スポンサーリンク

 

ゴルフの打順は「遠球先打」といってカップから遠い人から順番に打っていくのが基本です。

ですが、競技などではない限りグリーン周りは例外です!

例えば、他のプレーヤーがカップから遠いところのグリーンに乗せていて、自分はカップに近いカラーにあるなどという場合は、先に打つのがマナーになっています。

ピンを抜く都合上、その方がプレー進行が速くなるからです!

 

ピンはグリーンの外に置く

 

全員がグリーンオンしたらまずピンを抜きます。

このとき、一番カップに近い人がピンを抜くのがマナーになっています。

抜いたピンはグリーンの外に置くようにしましょう!

グリーンの外が遠い場合は、グリーンの中に置いても構いませんが、確実にプレーに関係のない場所に静かに置きましょう!

 

プレー中の人には近づかない

 

これはグリーン上に限らないことですが、プレー中の人に近づいてはいけません!

離れていたとしてもラインの延長線上に立つこともマナー違反です!

自分と同じようなラインで参考にしたい!

というときは、打った後にラインを見に行きましょう!

また、早朝や夕方などの影が長くなる時間帯は、自分の影がプレーの妨げにならないように注意が必要です!

 

スロープレーに気を付ける

これもグリーン上に限らないことですが、スロープレーに気を付けましょう!

スロープレーとは、その名の通りプレーのスピードが遅いこと。

なるべくプレーの進行を速める「プレーファースト」を心掛けましょう!

私は、これが一番大事なマナーだと思っています!

 

グリーン上では、自分の順番が来てからカップの反対側に行きラインを読み始める方が多くみられます。

これはもっとも多いスロープレーの原因かもしれません。

改善方法としては、他の人がパッティングしている間にカップの反対側に行き予めラインを読んでおきましょう!

その際、プレーの妨げにならないように十分注意してください!

 

競技ではない限り、スロープレーに対しての罰則はありませんし、プレーのスピードは人それぞれです!

具体的に素振りは何回までなどというようなことはありませんが、少しの工夫でプレー進行を速めることが出来ます!

 

 

最後に

 

いかがでしたか?マナーが悪い人とは一緒にラウンドしたくないですよね?

ゴルフには必ず同伴競技者や他の組のプレーヤーがいるので、他人に不快な思いをさせないようにしましょう!!

初心者のうちはプレー中あまり余裕がないとは思いますが、頑張ってください!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください