初心者のゴルフクラブ選びのための基礎知識!おすすめのセッティングは?女性は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これからゴルフを始めようと思っている方で、どんなクラブを買えばいいのかわからずにお困りの方も多いと思います!
そんな方のために今回は、ゴルフクラブの基礎知識を紹介します!
基礎知識を身につけて、クラブを選ぶときに困らないようにしましょう!
また男女別の具体的なクラブセッティングの例もご紹介します!

スポンサーリンク

 

はじめに

 

ゴルフクラブの購入を考えている方でまず覚えなければいけないのが、ラウンドにクラブは14本までしか持っていけないことです!

自分の打ちたい距離によってクラブを変えるので、その中で自分がプレーしやすいようにセッティングする必要があります。

また、初心者の場合は14本すべて使いこなすのは難しいので、14本以下の12本や10本のセットにしても問題ありません!

ゴルフショップにはキャディーバッグと8~14本のクラブがセットになっているハーフセットやフルセットが売られています。

こういったセットは、個別でクラブを購入するよりも安く手に入るので、手軽にゴルフを始めたい方におすすめです!

 

ゴルフクラブの基礎知識

ゴルフクラブは、「ヘッド、シャフト、グリップ」の3つのパーツで出来ています。

それぞれの各部位には特別なゴルフ用語が存在し、これを覚えていないとゴルファー同士や、ショップの店員との会話にもついていけません!

まずは各部位の名称を勉強しましょう!!

 

ヘッド

 

ボールを打つ部分のことをヘッドといいます。ドライバーのヘッド、アイアンのヘッドといった具合です。

そのヘッドの各部位には、次のような名称があります。

フェースボールを打つ面のこと。アイアンやウェッジにはスコアリングラインという溝があります。
ソールヘッドの底面のこと。幅が広いほど地面を滑りやすく、ダフリにくいので初心者向きです。
ロフト角フェース面の角度のこと。数字が大きいほどフェースが寝ているため、ボールが高く上がって飛距離が出ません。
リーディングエッジフェース面の先端のこと。
バウンス角ソール面の角度のこと。数字が大きいほど出っ張っているので、リーディングエッジが浮いてダフリにくい。
ライ角シャフトとソール面の角度のこと。構えた時にソールが水平になるようにクラブの長さによって変わります。
トゥ・ヒールトゥはつま先、ヒールはかかとという意味で、それぞれヘッドの先端、根元のこと。

クラブヘッドについては、他にもいろいろなゴルフ用語がありますが、とりあえずこれだけ覚えていれば大丈夫です!

 

シャフト

クラブの柄のことをシャフトといい、スチール製とカーボン製のものがあります。

スチール製のものは硬くて重い、カーボン製のものは柔らかくて軽いという特徴があり、シャフトを選ぶときに重要になります!

重さは40g台のものから、100g以上あるものまで様々で、クラブによって長さや重さが変わってきます。

硬さは、柔らかい順に「L・A・R・S・X」と表記され、「L・A」は女性向け、「R・S・X」は男性向けです。

基本的に非力な方は比較的軽くて柔らかいシャフト、力のある方は重くて硬いシャフトを挿します。

例えば、同じドライバーでも女性であれば40g台のLシャフト、男性は60g台のSシャフトといった具合です。

たかが20gと思うかもしれませんが、実際に振ってみるとかなり変わります!!

また、シャフトのしなる位置をキックポイントといい「先調子・中調子・元調子」と分けられています。

さらに、捻じれの大きさを示すトルクという数値もあります。

基本的に先調子でトルクの大きいシャフトのほうがボールを捕まえやすく、元調子でトルクの小さいシャフトほど捕まりにくいといわれています。

 

グリップ

クラブを握る部分のことをグリップといい、ゴムや樹脂系コンパウンド素材のグリップが主流です。

重さは50g前後のものが主流ですが、パターグリップには極端に太いもの、または重いものがあります。

自分の握りやすいもの、スイングしやすいものを選びましょう!

グリップの正しい握り方についてはこちらをご覧ください!

 

ゴルフクラブの種類

スポンサーリンク

 

ゴルフクラブは、飛距離順に「ドライバー」「フェアウェイウッド」「ユーティリティ」「アイアン」「ウェッジ」「パター」の6種類に分けられます。

まずは、それぞれのクラブの特徴と用途をみていきましょう!

 

ドライバー

ドライバーはゴルフクラブの中で最も遠くに飛ばすことができるクラブです。

また、特別なパターを除いて、ゴルフクラブの中で一番長くて軽いクラブです。

シャフトはカーボン製で、ヘッドはチタン、もしくはチタンとカーボンの複合素材が主流です。

ティーアップして打つことを想定して作られているため、基本的にティーショットのみで使われます。

また、一般男性の平均飛距離は230ヤード、女性は175ヤードといわれています!その他のクラブの平均飛距離はこちら

ちなみに、2018年PGAツアー・平均飛距離ナンバーワンのR.マキロイは、平均飛距離で319.8ヤードも飛ばしています!

ヘッドの大きさは440cc~460ccのものが主流で、体積が小さいものは操作性が高く上級者向け、大きいものは直進性が高く初心者向けです。

ルール上、最大460ccまでと決まっていますので、初心者の方には最大の460ccのものがおすすめです!

 

シャフトの重さと硬さはヘッドスピード(HS)によって変わります。

表はあくまで目安ですが、HSが速くなればなるほど硬いシャフトが合っているということです。

重さは女性であれば40g台、男性は50g台か60g台のものがおすすめです。

 

ロフト角もヘッドスピードによって変わってきます。

ヘッドスピードが遅い方はロフトの大きいクラブ、速ければロフトの小さいクラブが合っています。

女性は12°以上、Rシャフトを使う方は12°前後、Sシャフトを使う方は10°前後のものをおすすめします。

 

ドライバーの打ち方のコツはこちらをご覧ください!

 

フェアウェイウッド

フェアウェイウッドはドライバーの次に飛距離が出るクラブです。

ドライバーと形が似ていますが、フェース面が薄く、重心も低くなっていて、その名の通りフェアウェイから打つように設計されています。

3番ウッド、5番ウッド、7番ウッドとありますが、数字が大きくなるほどロフトが寝ていて飛距離が出ない設計になっています。ちなみに3番ウッドをスプーン、5番ウッドをクリークといいます。

ドライバーとセットで発売されることが多く、初心者の方はドライバーと同じ種類のヘッド、シャフトのものを購入するのがおすすめです!

また、3番ウッドは難しいので入れていないという方も多いです。

 

ユーティリティ

ユーティリティはフェアウェイウッドとアイアンの間のクラブです。

ロングアイアンは使いこなすのが非常に難しいクラブですので、その代わりにユーティリティを入れるのが最近の主流で、初心者の方にもおすすめのクラブです。

3番、4番、5番とありますが、4番アイアンの代わりに5番ユーティリティ、3番アイアンの代わりに4番ユーティリティ、3番ユーティリティは5番ウッドの代わりとして入れている方が多いです。

 

アイアン

アイアンはグリーンに乗せるためのとても重要なクラブで、一番手毎にロフト角が約4°、飛距離は約10ヤードずつ変わり、距離を打ち分けることができます。

また、ゴルフクラブの中で唯一セットで販売されていて、5番~9番、PWまでの6本セットや、5番~9番、PW、AW、SWの8本セット、7番~9番、PW、AW、SWの6本セットなどがあります。

3番と4番をロングアイアン、5番~7番をミドルアイアン、8番と9番をショートアイアンといいます。

先ほど説明したように、ロングアイアンは非常に難しいクラブですので、初心者の方は代わりにユーティリティを入れることをおすすめします。

アイアンのヘッドには大きく分けてマッスルバックとキャビティバックの二種類があり、前者は操作性が高く上級者向け、後者は直進性が高く初心者向けです。

初心者の方には、キャビティバックでも比較的ソール幅の広いものがおすすめです!

 

また、シャフトはカーボン製とスチール製のものがあり、女性はカーボン、男性はスチールを使うのが一般的ですが、最近では硬さもしっかりしていて重量もあるカーボン製シャフトも販売されていますので、男性でもカーボン製のものを使う方が多いです。

 

ウェッジ

ウェッジは100ヤード以内の距離や、アプローチやバンカーショットなどの短い距離を打ち分けるときに使うクラブです。

ピッチングウェッジ(PW)、アプローチウェッジ(AW)、サンドウェッジ(SW)の三種類があり、PWとAWはフルショットやアプローチ用、SWは主にバンカーショット用として使います。

グリーンを外した時に必ずと言っていいほど使用するクラブで、アプローチやバンカーショットが上手ければ、パーやボギーで上がることができるので、使用頻度も高くスコアに直結する重要なクラブです!

 

ウェッジを購入する際は、ロフト角だけではなくバウンス角にも注目してください!

バウンス角が小さいものは上級者向け、大きいものは初心者向けです。

特にSWはバンカーショットで使うので、バウンスは12°以上のものがおすすめです!

なぜバウンスがバンカーショットで重要になるのかはこちらをご覧ください!

 

パター

パターはボールを転がしてカップに入れるためのクラブで、14本のクラブの中で最も使用頻度の高い、重要なクラブですが、あまり深く考えずに選んでいる方も多いです!

そんなパターを選ぶときに重要になるのが、構え易さと方向性、距離のコントロール、打感の4つです。

様々な形状や長さのパターがありますので、その中から自分に合ったものを見つけましょう!

ヘッドの形状は、「ピン型」「マレット型」「ネオマレット型」の三種類が主流です。

ピン型は水平にしたときにトゥが下を向く、トゥバランスドパターというもので、弧を描くストロークで、適度にフェースを開閉して打つ方に合っています。

一方、マレット型とネオマレット型は水平にしたときにフェースが真上を向く、フェースバランスドパターというもので、直線的なストロークで、フェースの開閉を抑えて打つ方に合っています。

長さは32~35インチのものが標準です。

中尺、長尺パターといわれる長いパターを使う人もいますが、写真のようにグリップエンドを身体に当てて固定するアンカリングという打ち方は禁止されていますので注意してください。

 

また、グリーン上でもボールがわずかに沈んでいることから、スムーズな転がりを得るためにパターにも2°~5°のロフトがついています。

これは、打ち出した瞬間に適度にボールを浮かせる必要があるためで、インパクトの瞬間は3°~4°のロフトがあることが望ましいとされています。

 

クラブセッティング

クラブをセッティングする上で重要になるのが飛距離です。

クラブを何種類も持っていくのは、残りの距離に応じて飛距離を打ち分けるためで、同じ飛距離の出るクラブを2本入れてもあまり意味がありません。

番手毎の飛距離はこちらを参考にしてください!

そこで重要になるのがロフト角ですが、ドライバーのロフト角が10°、SWのロフト角が56°だとすると、その差が46°で、これをパターを除く13本で割ると約3.5°となるため、3°~4°刻みでセッティングするのが一般的です。

 

また、長さと重量も大切な要素です。

写真は長さと重量の関係を表したグラフで、横軸がクラブの長さ、縦軸がクラブの重量です。

このように直線に並んでいることが望ましく、ドライバーだけ極端に軽いなどのセッティングだと同じスイングで打つことが難しくなるため、ドライバーだけ苦手などというようになってしまうこともあります。

重量とシャフトの硬さはヘッドスピードによって変わるので、まずはドライバーのヘッドスピードを測り、ドライバーの重量と硬さを決めてから、それを基準に他のクラブをセッティングしましょう!

 

男性のおすすめセッティング

 

一般的なクラブセッティング

  • ドライバー(10°)
  • フェアウェイウッド・・・3W(15°)、5W(18°)
  • ユーティリティ・・・4U(21°)、5U(24°)
  • アイアン・・・5I(26°)、6I(29°)、7I(33°)、8I(37°)、9I(41°)
  • ウェッジ・・・PW(45°)、AW(50°)、SW(56°)
  • パター

このようにアイアンは5番からにして、ロングアイアンの代わりにユーティリティの4番と5番を入れるのがおすすめです!

アイアンが苦手という方は5Iの代わりに6U、フェアウェイウッドが得意という方は4Uの代わりに7Wを入れるのもおすすめです!

また、初心者におすすめのキャビティバックのアイアンは比較的ロフトが立っているので、AWは52°よりも50°の方がロフトのバランスが良くなります。

ウェッジのセッティングがよくわからなくて難しいと感じるなら、SWまでのアイアンセットをおすすめします!

また、3Wや4Uなどの長い距離を打つクラブは比較的難しいので、最初から買わなくても問題ありません!

 

ストロングロフトのセッティング

  • ドライバー(12°)
  • フェアウェイウッド・・・3W(16°)、5W(19°)
  • ユーティリティ・・・4U(21°)、5U(24°)
  • アイアン・・・6I(24°)、7I(27°)、8I(30°)、9I(34°)
  • ウェッジ・・・PW(38°)、AW(43°)、AS(49°)SW(55°)
  • パター

このようにアイアンがストロングロフトの場合は、ウェッジを4本にするのがおすすめです!

 

女性のおすすめセッティング

 

女性の場合、アイアンは7番からSWまでのセットがほとんどです。

ドライバーは必ず入れるとして、ドライバーから7番アイアンまでのクラブセッティングを考える必要があります。

一般的なクラブセッティング

  • ドライバー(12°)
  • フェアウェイウッド・・・3W(17°)、5W(20°)、7W(23°)、9W(26°)
  • ユーティリティ・・・5U(26°)、6U(29°)
  • アイアン・・・7I(29°)、8I(33°)、9I(38°)
  • ウェッジ・・・PW(44°)、AW(49°)、SW(54°)
  • パター

女性の場合はセカンドショットで長い距離が残ることが多いので、このようにフェアウェイウッド4本入れるのがおすすめです!

ただし、3Wはロフトが立っているため、女性の力では球が上げられず、本来の飛距離が出ないことが多いので、なくても問題ありません。

 

フェアウェイウッドが苦手という方のセッティング

  • ドライバー(12°)
  • フェアウェイウッド・・・5W(20°)
  • ユーティリティ・・・4U(23°)、5U(26°)、6U(29°)
  • アイアン・・・7I(29°)、8I(33°)、9I(38°)
  • ウェッジ・・・PW(44°)、AW(49°)、SW(54°)
  • パター

フェアウェイウッドが苦手という方はユーティリティを増やすのがおすすめです!

12本のセッティングですが、女性の場合クラブによる飛距離の差が出にくいため、無理に14本入れる必要はありません!

 

最後に

 

いかがでしたか?ゴルフクラブの基礎知識は理解していただけましたか?

それぞれのクラブの特徴をしっかり理解して、自分の使いやすいクラブを見つけてくださいね!

また、おすすめセッティング例も参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください