【ゴルフルール】OBや池は何打罰?ペナルティの処置やスコアの数え方を解説

ゴルフを始めたばかりの初心者はOBや池ポチャなどのトラブルが多発!
まだルールを覚えていないので、その度に処置の方法やスコアの数え方に悩まされプレーに集中できない!といった経験があると思います!
そこで今回はOBや池に入った時などの処置の方法とスコアの数え方を解りやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

OBの処置とスコアの数え方を解説

OBは”Out of Bounds”の略で、日本語ではコース区域外。プレーできるコースの外という意味ですね。ゴルフコースとOBの境界線は白杭、もしくは白線で表示されています。

OBにボールを打ち込んでしまうと1打罰となり、さらにもう一度同じ場所から打ち直すことになります!

例えば、ティーショットでOBに打ち込んでしまうと、ティーグラウンドから三打目として打ち直すことになるので、パーどころかボギーで上がるのも難しくなってしまいます!そのためスコアメイクにはOBを避けるコースマネジメントが基本です!

また、仮にOBに打ち込んだボールが見つかったとしてもプレーすることはできません。

 

ティーショットと二打目以降の処置の方法が少し違う

 

先ほど解説したように、OBの場合同じ場所から打ち直すことになりますが、ティーショットと二打目以降では処置の方法が少し変わってきます!

  • 二打目以降の場合

打った場所にボールをドロップしてプレーを再開することになります。正確な場所がわからなくても、元あった場所に近いとことにドロップしましょう!

  • ティーショットの場合

再度ティーアップして打つことができます。その際、ティーインググラウンドの中だとどこでも良いとされており、さっきは右側から打ったけど左側から打ち直すなど、正確に元の場所から打ち直すという訳ではありません!

 

OBかな?と思ったら暫定球を打とう!

 

ボールの落ちたところは見えなかったが、「もしかしたらOBかもしれない」という時は、暫定球を打つことができます!その際、「暫定球打ちます」と宣言しなければなりません。

これはプレーの進行を速くするための処置で、OBの可能性がある時は必ず打つようにしましょう!

もし最初に打ったボールがOBではなかった場合は、暫定球は拾い上げて最初のボールをプレーします。最初のボールがOBだった場合は一打罰を加えて暫定球をプレーすることになります!

 

プレーイング4を使用する

コースによってはプレーイング4という特設ティーが設置されています!

ティーショットがOBだった場合、打ち直さずに前方のプレーイング4から四打目としてプレーを再開することができます!設置されていた場合は必ず使用しましょう!

 

 

ペナルティエリアの処置とスコアの数え方を解説

続いてペナルティエリア(池やクリーク)について解説します。

ペナルティエリア(旧ウォーターハザード)は赤杭、もしくは赤線で表示され、ペナルティエリアはOBと同様に1打罰ですが、対処法が変わってきます。

 

処置の方法は4種類

 

ボールがペナルティエリアに入ってしまった時の対処法は4種類あります。

その時の状況により、最善の方法を選択してプレーを再開しましょう!

 

①あるがままに打つ(無罰)

ペナルティエリア内にあるボールは、そのまま打つことができます!ここはOBとは違いますね。その際バンカーと同様にソールはできません。

②元の位置にドロップ(1打罰)

これはOBと同じ対処法です。元の位置からホールに近づかない1クラブレングス以内にドロップします。

③横断地点の後方にドロップ(1打罰)

ボールがペナルティエリアの境界線を横切った地点とホールを結んだ後方線上で、ホールに近づかない1クラブレングス以内にドロップします。

④横断地点にドロップ(1打罰)

ボールがペナルティエリアの境界線を横切った地点から、ホールに近づかない2クラブレングス以内(救済エリア)にドロップします。

 

その他のペナルティ

 

最後によくあるその他のトラブル、ペナルティについて解説します!

 

誤球

 

誤球とは同伴競技者のボールやロストボールを誤ってプレーしてしまうことです。誤球してしまった場合は2打罰(誤球を何打打ったかは関係ない)を加え、正球をプレーしなければなりません。

例えば、2打目で誤球してしまった場合は、正球を4打目としてプレーすることになります。

仮に誤球に気づかずに次のホールのティーショットを打ってしまったとき、最終ホールではグリーンを離れた時点で競技失格となります。

 

二度打ち

 

打ったボールがもう一度クラブに当たってしまうのが二度打ちです。グリーン周りのアプローチ、バンカーショットなどでよく起こります。

これは旧ルールではペナルティでしたが、新ルールでは偶然の二度打ちは無罰になりました。打ち直さずにそのまま1ストロークとしてプレーを続けます。

 

 

まとめ

 

最後に今回紹介したトラブル、ペナルティをまとめました。

トラブルペナルティ対処法
OB1打罰元の位置から打ち直し
ペナルティエリア無罰あるがままにプレー
1打罰3つの対処法から選択しプレー
誤球2打罰正球をプレー
二度打ち無罰偶然の二度打ちは無罰

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください