【ZOZOチャンピオンシップ】パワーランキングが発表!優勝候補や注目選手は?

日本初開催となるPGAツアー『ZOZOチャンピオンシップ』のパワーランキングが、PGAツアー公式サイトより発表されました。

タイガー・ウッズやローリー・マキロイなどのビッグネームが参戦する今大会ですが、注目の優勝候補は誰なのでしょうか?

今回の記事では、ZOZOチャンピオンシップのパワーランキング1位から15位までを紹介します!!

 

スポンサーリンク

パワーランキングって?

 

パワーランキングとは、PGAツアー公式サイトが発表している優勝予想ランキングです。

アメリカではスポーツの勝敗などにお金を賭ける『スポーツギャンブル』が合法であるため、優勝予想代行サービスのような目的で試合ごとに発表されます。

お金を賭けていなくても、「注目選手はだれなのか」「優勝候補は誰なのか」などを知ることで、ゴルフ観戦が更に楽しめます!!

では、ZOZOチャンピオンシップのパワーランキングを紹介します!

クラブセッティングを紹介している選手もいますので、是非そちらもご覧ください!

※()内は世界ランキング

 

優勝候補の本命!【1位~5位】

スポンサーリンク

 

1位:ジャスティン・トーマス(4)

前週の『ザ・CJカップ@ナインブリッジ』を制したジャスティン・トーマス!

元世界ランク1位のジャスティン・トーマスが今大会の本命と予想されています!

現在世界ランク4位ですが、今シーズンは「賞金ランク1位」「FedExランク3位」と好調で、今大会でも活躍が期待されます!!

【ジャスティン・トーマスのクラブセッティング】2019・CJカップ優勝

 

2位:ローリー・マキロイ(2)

2位には昨シーズンの年間王者、ローリー・マキロイが選出されています!

世界ランク1位のブルックス・ケプカは今大会に参戦していないため、世界ランク2位のマキロイが世界ランク最上位の選手となっています。

元々の飛距離に加えて、パターを変更してからはパッティングも好調ということでジャスティン・トーマスとともに今大会の本命です!

R・マキロイのクラブセッティング・2019最新!ドライバーやパターは?

 

3位:松山英樹(27)

3位には、松山英樹が選出されています!

現在、世界ランク27位と一時期よりは調子を落としているようですが、地元開催ということもあり優勝候補の一人ですね。

もちろん、日本勢では最有力候補ですので、ぜひ優勝していただきたいです!!

松山英樹の最新クラブセッティング・2019!ドライバーやアイアンは?シャフトは?

 

4位:ゲーリー・ウッドランド(18)

PGAツアー屈指の飛ばし屋として知られるゲーリー・ウッドランド!

豪快なティショットと正確なアイアンショットで、今年6月に行われた「全米オープン」でメジャー初制覇を遂げました!

今大会でも活躍が期待できます!

 

5位:アダム・スコット(15)

前週の「日本オープン」に出場したアダム・スコットが5位に選出されています!

日本オープンでは、4オーバーの5位と本来の力を発揮できませんでしたが、今大会では2013年マスターズ覇者の実力を発揮してほしいですね!

ユニクロとウェア契約を結び、日本語も少々理解する親日派ということなので、是非優勝していただきたいです!

アダム・スコットのクラブセッティング・2019最新!ドライバーはTS2?TS3?

 

優勝候補の対抗!【6位~10位】

 

6位:マシュー・フィッツパトリック(26)

イングランド期待の若手マシュー・フィッツパトリック!

欧州ツアーを主戦場として活躍している彼は、今大会が今シーズンの米国PGAツアー初戦となります!

初戦で見事優勝を飾ることはできるのでしょうか?!

 

7位:パトリック・リード(17)

2018年の「マスターズ」を制し、メジャー初優勝を遂げたパトリック・リード!

ライダーカップにも選出されているアメリカ期待の若手です!

彼にとっても今大会がが今シーズンの米国PGAツアー初戦となります!

初戦で勢いをつけて、二度目のメジャー制覇を目指したいところですね!

 

8位:ポール・ケーシー(14)

8位には、欧州ツアー通算13勝を誇るポール・ケーシー!

米国PGAツアーを主戦場としていますが、米ツアーでは通算3勝となかなか勝ち切れていません!

今大会で米ツアーでは通算4勝目を飾り、勢いに乗りたいところですね!

 

9位:ザンダー・シャウフェレ(8)

9位は日本育ちの台湾人の母親を持つザンダー・シャウフェレ!

2017年にはツアー最終戦の「ツアー選手権」を含む2勝を挙げ、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた期待の若手選手です!

 

10位:アダム・ハドウィン(42)

10位はカナダのアダム・ハドウィン。

昨シーズンは優勝こそなかったものの、トップ10入り5回と好調でした。

今シーズンは米ツアー2戦に参戦して、2位と4位と絶好調のようです!

 

優勝候補の大穴!【11位~15位】

 

11位:トミー・フリートウッド(16)

11位は、世界屈指の『ショットメーカー』トミー・フリートウッド!

2017年には欧州ツアーで2勝を挙げ年間王者に輝き、2018年にはライダーカップ初選出。

今大会で米ツアー初優勝を飾りたいところです!

【2019最新】トミー・フリートウッドのクラブセッティング

 

12位:トニー・フィナウ(13)

12位はアメリカのトニー・フィナウ!

193センチの長身から放たれるドライバーショットが魅力で、2018年のライダーカップにも選出された選手です!

 

13位:ジョーダン・スピース(37)

元世界ランク1位で、パターの名手で知られるジョーダン・スピースが13位に選出されています!

現在は世界ランク37位とかなり調子を落としていますが、今シーズンは平均パット数1.60で1位!

距離の短い本コースでは、優勝のチャンスがあると予想されています!

 

14位:ライアン・ムーア(79)

14位はアメリカのライアン・ムーアが選出されています!

世界ランク79位ということで、まさに大穴ですね!

ファッショナブルな選手としても有名で、ネクタイとベストがトレードマーク。彼のファッションにも注目ですね!

 

15位:ルイ・ウーストハイゼン(24)

15位は南アフリカのルイ・ウーストハイゼン!

2010年の全英オープン覇者の彼は、優勝回数は少ないものの、正確なショットを武器に常に上位に食い込む安定したゴルフが持ち味の選手です!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

PGAツアー公式サイトで発表されるパワーランキングをみることで、ゴルフ観戦が更に楽しくなります!

今回のランキングでは、残念ながらタイガー・ウッズや石川遼選手はランク外となってしまいましたが、予想を覆す活躍を見せてほしいですね!

では、日本初開催のPGAツアー『ZOZOチャンピオンシップ』を制するのは誰なのでしょうか?

開幕が待ち遠しいですね!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください