2019ゴルフルール改正早見表!グリーン上やバンカー内、ドロップなどの変更点は?

2019年1月1日にゴルフルールの大幅な改正があることは皆さんご存知だと思います。
ルールの簡略化、プレーのスピード化を計り、ゴルフ人口の減少に歯止めをかける狙いがあるようです。
そこで今回は新ルールの主な変更点を早見表にまとめてみました!

スポンサーリンク

 

ゴルフ用語の変更点

まずは変更になるゴルフ用語があるので覚えておきましょう!

名称改正後備考
ティーインググラウンドティーイングエリア 
スルーザグリーンジェネラルエリア 
ウォーターハザードペナルティエリア救済処置は現在のラテラル・ウォーターハザード同じ1打罰

 

ジェネラルエリア内での変更点

スポンサーリンク

 

続いてジェネラルエリア内での変更点です。

アクション改正前改正後備考
インプレーの球を動かした1打罰で元の場所にドロップ無罰で元の場所にドロップ 
紛失球の捜索5分まで3分まで 
ドロップ肩の高さから膝の高さから詳細はこちら
スタンスをとった後、キャディーが後方に立つ無罰2打罰 
打った球が自分や、自分のキャディーや用具に当たった1打罰無罰 
二度打ち1打罰無罰 
その他

距離計測機器の使用できる(高低差を計れるものは使用不可)

罰あり、罰なしに関係なく救済を受けるときは、いつでも球を取り替えれる

1クラブレングスや2クラブレングスの救済エリア
を計測する場合に使用するクラブは、最も長いク
ラブ(パターを除く)となる

 

 

ペナルティエリア・バンカー内での変更点

続いてペナルティエリア・バンカー内での変更点です。

アクション改正前改正後備考
ルースインペディメントを取り除いた2打罰無罰で取り除くことができる詳細はこちら
地面や水に触れた2打罰無罰・ソールもできる詳細はこちら
バンカー内でアンプレヤブル1打罰でバンカー内にドロップ1打罰でバンカー内にドロップ、または2打罰でバンカーの外にドロップできる詳細はこちら

 

パッティング・グリーン上での変更点

最後にパッティング・グリーン上での変更点です。

アクション改正前改正後備考
旗竿にボールを当てた2打罰無罰・旗竿を立てたままパッティングできる 
ピッチマーク以外の損傷箇所の修復2打罰無罰・ピッチマーク以外にもスパイクマークや動物の足跡などによる損傷修復できる 
パットの線に触れた2打罰無罰・パットの線に触れることができる。ただし、ライを改善をしたという事実があれば2打罰 
インプレーの球を動かした1打罰で元の場所にリプレース無罰で元の場所にリプレース 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

今回の改正でルールが簡略化されることによって、プレーの時間が短くなり、ゴルフ人口の減少に歯止めがかかるといいですね!

これまでプレーしてきたゴルファーにとっては少し戸惑う部分があると思いますが、来年に向けてしっかり変更点を覚えておきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください