【東京オリンピック】ゴルフの代表選手の選考方法は?出場資格や出場枠を解説

いよいよ東京オリンピック2020の開催まで1年を切りました。

ゴルフ競技は、男子は7月30日(木)から、女子は8月5日(水)から埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部を舞台に行われます。

そこで気になるのが各国の代表選手

今回の記事では、代表選手の選考方法、出場資格や出場枠などを紹介します!

 

スポンサーリンク

東京オリンピック・ゴルフ競技の大会概要

 

東京オリンピック・ゴルフ競技の舞台となるのは埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部

男子は7月30日(木)から、女子は8月5日(水)から行われます。

競技方法などの概要は以下の通りです。

 

大会概要

大会日程:【男子】7/30(木)~8/2(日)

     【女子】8/5(水)~8/8(土)

開催コース:霞ヶ関カンツリー倶楽部

競技方法:72ホール・ストロークプレー(予選カットなし)

参加選手:60名

 

ゴルフ競技代表選手の選考方法は?出場枠や出場資格は?

スポンサーリンク

参加選手は男女各60名となっております。

男子は2020年6月23日、女子は同30日の時点の国際ゴルフ連盟(IGF)が定めた『オリンピックゴルフランキング』によって決められます。

基本的にはランキング上位60名の選手に出場資格が与えられますが、選考方法には複数の条件がありますので、ここでおさらいしておきましょう!

 

オリンピックゴルフランキングって?

 

オリンピックゴルフランキングは、男子は世界ゴルフランキング女子はロレックスランキングを基に算出されます。

男子は2018年7月1日~2020年6月22日まで、女子は2018年7月8日~2020年6月29日までの期間で算出され、毎週月曜日に更新されます。

東京オリンピックが開催される2年も前から選考が始まっていたんですね。

 

 

出場資格と出場枠は?

 

東京オリンピックの出場資格は、下記の通りとなっています。

 

出場資格

 1.オリンピックゴルフランキング上位15位までの選手で、各国最大4名まで。

 2.16位以下については、1カ国2名(15位以内の有資格者も含む)を上限。

 3.大陸(アフリカ、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニア)ごとに、一人も出場資格を有するアスリートがいない場合は、男女ともに最低1つの出場枠が保証される。

 4.大会開催国から一人も出場資格を有するアスリートがいない場合は、男女とも1つの出場枠が保証される。

※ただし、上記③、④の出場枠が適用されても、男女各出場人数の60名は変わらない。

 

【速報】現在のオリンピックゴルフランキング

 

現在(2019/12/22)の男女それぞれのオリンピックゴルフランキングはこちらです。

 

【男子】オリンピックゴルフランキング

 

RANKNAME
1ブルックス・ケプカ(米国)
2ローリー・マキロイ(アイルランド)
3ジョン・ラーム(スペイン)
4ジャスティン・トーマス(米国)
5ダスティン・ジョンソン(米国)
6パトリック・キャントレー(米国)
7ジャスティン・ローズ(イギリス)
8トミー・フリートウッド(イギリス)
9アダム・スコット(オーストラリア)
10ルイ・ウーストヘイゼン(南アフリカ)
11シェーン・ローリー(アイルランド)
12フランチェスコ・モリナリ(イタリア)
13松山英樹(日本)
14ブレンド・ウィースバーガー(オーストリア)
15ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)
 16位以下のオリンピックゴルフランキングはこちら

アメリカ国籍の選手は1位にブルックス・ケプカ、4位にジャスティン・トーマス、5位にダスティン・ジョンソン、6位にパトリック・キャントレーと、15位以内にアメリカ国籍の選手が4名ランクインしています。

世界ランキングでは7位にタイガー・ウッズがランクインしていますが、各国の出場枠は4名までですので出場することができません。

一方、2位のローリー・マキロイや3位のジョン・ラームは出場が決定的といえます。

日本からは松山英樹選手が13位、今平周吾選手が17位にランクインしており、このままいけばこの2名が出場することになりますが、石川遼選手がランキングを上げてきているため、まだまだ決定的とは言えませんね。

 

【女子】オリンピックゴルフランキング

 

RANKNAME
1コ・ジンヨン(韓国)
2パク・ソンヒョン(韓国)
3ネリー・コルダ(米国)
4ダニエル・カン(米国)
5キム・セヨン(韓国)
6畑岡奈紗(日本)
7イ・ジョンウン6(韓国)
8ブルック・ヘンダーソン(カナダ)
9ミンジー・リー(オーストラリア)
10レキシー・トンプソン(米国)
11渋野日向子(日本)
12アリヤ・ジュタヌガン(タイ)
13鈴木愛(日本)
14カルロタ・シガンダ(スペイン)
15ハンナ・グリーン(オーストラリア)
 16位以下のオリンピックゴルフランキングはこちら

日本からは5位の畑岡奈紗選手、11位の渋野日向子選手の出場が決定的といえます。

13位の鈴木愛選手はこのまま15位以内をキープできれば出場することができます!

韓国からは15位以内にパク・ソンヒョン、コ・ジンヨン、キム・セヨン、イ・ジョンウン6の4名がランクインしているため、出場枠最大の4名が出場することになりそうです。

 

その他関連情報

 

【ゴルフ・プレジデンツカップ2019】メンバーは?日程や賞金は?チケット情報も

 

まとめ

 

東京オリンピック2020・ゴルフ競技の舞台となるのは埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部。

男子は7月30日(木)から8月2日(日)、女子は8月5日(水)から8月8日(土)の、各4日間の日程で72ホールのストロークプレー(予選カットなし)で行われます。

オリンピックゴルフランキングによって出場資格が与えられ、出場枠は各60名。

各国最大4名の出場枠をかけて、各ツアーで競っています!

日本からは松山英樹選手、畑岡奈紗選手、渋野日向子選手の3名の出場が決定的となって、男子の残り1枠には誰が選出されるのか今後注目ですね!

今回は、東京オリンピック2020・ゴルフ競技の各国の代表選手、出場資格や出場枠についてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください