ゴルフカートのマナー!運転やリモコン操作は誰がする?接待の時の席順は?

最近はキャディー付きプレーよりもセルフプレーの方が多いかと思います!
会社のコンペや接待ゴルフの時は誰が運転するのか、どこに座ればいいのかなど悩みますね!
自分が運転することになったときに恥をかかないためにも、停止位置や乗り入れなどのカートの運転に関するマナーを勉強しましょう!

スポンサーリンク

 

はじめに

 

ゴルフカートを運転するうえで一番大切なことは安全運転です!

スピードの出し過ぎ、無理な走行はやめましょう!

また発進するときは、周りに人がいないか、全員しっかり着席したかなど、安全面には細心の注意を払いましょう!

 

ゴルフカートの種類とマナー

ゴルフカートには自走式乗用カートとリモコン式乗用カート、そして立ち乗りカートの3種類があります!

それぞれの特徴とマナーをみていきましょう!

 

自走式乗用カート

ゴルフカートと聞いてまず思い浮かべるのはこのタイプだと思います!

自走式というだけあって自分で運転します!

4人乗りと5人乗り、または2人乗りのものがあり、それぞれ大きさが異なります。

キャディー付きプレーの場合は5人乗りカートでキャディーが運転してプレーヤーが同乗するのが一般的です!

セルフプレーの場合は4人乗り、もしくは2人乗りでプレーヤー自身が運転します!

自走式乗用カートでプレーする場合は、コース内乗り入れ可の場合と不可の場合があります!

乗り入れ可の場合はフェアウェイやラフを走行し、ボールの側までカートで行くことが出来ます!

どこでも走行していいという訳ではなく、グリーン上やバンカー、修理地やゴルフ場で指定されたエリアには入ってはいけませんので、注意してください!

乗り入れ不可の場合はカート道路のみの走行となります!

コース内には一切乗り入れ禁止ですので注意してください!

 

ちなみに、起伏が多く傾斜のきつい場所があるゴルフ場は、横転の危険を考慮して乗り入れ不可の場合が多いです!

ゴルフカートは操作を誤れば簡単に横転してしまうので、絶対に乗り入れしないでくださいね!

逆に、平坦なゴルフ場は乗り入れ可のところが多いです!

芝を痛めない特別なタイヤも装着しています!

 

リモコン式乗用カート

リモコン式乗用カートとは、リモコンもしくはカートについているボタンで操作する自動運転のカートです!

自走式と違い自分で運転することが出来ず、カート道路の上を自動で進んでいきます!

また、ラジコンのようにリモコンで操作できるのが最大の特徴です!

キャディー付きプレーの場合は、すべてキャディーが操作してくれます!

セルフプレーの場合はプレーヤー自身で操作することになります!

リモコンを持っていればカートに戻って操作する手間が省けるので、とても便利です!

 

また、自走式乗用カートとリモコン式乗用カートはプレーの進行を考慮して、グリーン周りでの停止位置が決められています!

必ず指定の位置で停止しましょう!

 

立ち乗りカート

 

立ち乗りカートはキャディー付き歩きプレーで、キャディーが乗るのが一般的です!

ゴルフバックを4つ積むことが出来るので、プレーヤーは何も持たずに歩くことができます!

また、1人もしくは2人でのセルフプレーで自分で運転する場合もあります!

基本的に立ち乗りカートはコース内に乗り入れできますので、ボールの側まで行けて意外と楽なんです!

 

接待ゴルフのマナー

スポンサーリンク

 

ゴルフカートの運転はゴルフ場で決められたルールを守り、乱暴な運転をしなければ問題ありません!

しかし、接待ゴルフの時は、席順などの運転以外のマナーも存在します!

サラリーマンゴルファーの方はこちらの方が大切かもしれませんね!!

 

セルフプレーの場合

セルフプレーの場合、プレーヤー自信が運転することになりますね!

この場合はもちろん一番若い人が運転することになります!

リモコン式乗用カートの場合はボタンを押すだけですが、これも一番若い人が運転席に座り操作するのが一般的です!

一番若い人が運転席に座るため、前列が下座、後列が上座という考え方が一般的です!

 

ただし、セカンドショット以降でプレーの進行を考えて自分がカートに戻るのが困難な場合は、めうえに運転をお願いしても失礼にはなりません!

すべて自分で運転するとスロープレーになってしまい、後ろの組に迷惑を掛けてしまうだけでなく、ゴルフ場側から注意されるなんてこともあります!

 

またリモコン式乗用カートの場合はリモコンを持ち歩き、周りの状況を見ながら適切な場所にカートを移動しましょう!

他のプレーヤーが打つ瞬間にカートを動かしたりしないように注意してくださいね!

 

キャディー付きプレーの場合

 

キャディー付きプレーの場合、カートはキャディーが運転します!

こうなると後部座席に3人乗ることになるので、一番若い人はその真ん中に座るのがマナーです!

セルフプレーとは逆に、キャディーの隣の助手席は一番広いため上座扱いになり、後列は狭くなるため下座扱いになります!

またトラブルなどでキャディーが運転できない場合は、積極的に若い人が運転しましょう!

 

その他のマナー

小物入れ

 

ゴルフカートには前列の前方、または後列の後方に小物入れがついていると思います!

ここに荷物を入れる場合はゴルフバックと同じ並びになるように入れましょう!

またOBなどを打ってしまったときに、ボールをすぐ取り出せるように何個か入れておくのがマナーです!

 

ショットの行方

 

ティーショットを打ち終わってすぐにカートに乗りこみ、他のプレーヤーのショットの行方を見ない人がいますが、いいマナーとは言えません。

キャディー付きプレーの場合はキャディーが見てくれますが、セルフプレーの場合は他のプレーヤーのティーショットの行方も見てあげるのがマナーになっています!

林に入ったのか、OBに入ったのか、ウォーターハザードの境界線を横切った位置はどのあたりかなど、しっかり見ておきましょう!

またセカンドショット以降も同じことが言えます。

すべてのショットとは言いませんが、出来るだけ他のプレーヤーのショットの行方を見てあげるようにしましょう!

 

最後に

ゴルフカートは誰でも簡単に運転できますが、ゴルフ場には木などの障害物や急な下り坂などの危険があります!

スピードの出し過ぎや、乱暴な運転は絶対にやめましょう!

また、ゴルフ場で決められたルールをスタート前にしっかり確認しておきましょう!

ルールを守り、安全運転で楽しくプレーしましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください